1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 06:35:37.44 ID:CAP_USER.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000002-jij_afp-int
    AFP=時事 3/23(木) 5:49配信

    【AFP=時事】韓国で2014年に沈没し、300人余りの死者・行方不明者を出した旅客船セウォル(Sewol)号の船体の一部が23日未明、約3年ぶりに水面に引き揚げられた。聯合(Yonhap)ニュースが報じた。

     聯合ニュースは海洋水産省職員の話として、「午前3時45分(日本時間同)時点で、安定装置とみられるセウォル号の船体の一部が水面上に出ているのが肉眼で確認できる」と伝えた。

     船体は引き揚げ作業が完全に終わり次第、半潜水型船舶に乗せられ木浦(Mokpo)の港に運ばれる予定だという。同職員は港への移送完了までに8日ほどかかる見込みだと話している。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490218537
    【【韓国】セウォル号船体、水面に到達 韓国報道】の続きを読む

    1 名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 21:54:46.75 ID:CAP_USER.net

    http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2017/0322/00502854_20170322.JPG
    ▲国立日帝強制動員歴史館が所蔵している日本サック(コンドーム)の包装紙に「突撃一番」が記されている。この包装紙は実物をまねたもの。国立日帝強制動員歴史館提供

    1937~40年日本で「ハート美人」という商品名のコンドームが発売された当時、日本人たちはコンドームをサックと呼んだ。1941年、太平洋戦争が始まる前、日本軍部が兵士たちに女性と性関係をする時に使えと軍需品として支給した。この時、コンドームの名前は「突撃一番」だった。

    突撃一番は当時、日帝が戦争に動員される兵士に植えた思想で、弱者の女性を人格的に待遇せず、性の欲求を解く対象として眺めた日本軍の認識を垣間見ることができる。

    サックの「突撃一番」の文は日本軍が太平洋戦争期、朝鮮人女性などを強制的に引っ張っていって性奴隷にした慰安所を組織的に運営した事実を後押しする。中・日戦争に参加した日本軍、武藤秋一(1915-2006)が作成した従軍日誌(日記帳)に「慰安所に強制動員された朝鮮・台湾女性と性関係を持った後、朝鮮と台湾を征服した」と記録された内容とも一致する。

    太平洋戦争に参加した日本軍医官が記録した戦場報告書を土台に日本で発行された「軍医官の戦場報告意見集」にもサックが登場する。サックの実物が23日、釜山にある国内唯一の国立日帝強制動員歴史館に姿を表わす。

    日本の一戸彰晃僧侶が行政自治部傘下の財団法人日帝強制動員被害者支援財団に寄贈する。財団側はこの日午後3時、日帝強制動員歴史館6階マルチメディア室で一戸僧侶などが参加する中、寄贈式を開く。

    一戸僧侶の珍品サック寄贈は複製サックを日帝強制動員歴史館に寄贈した金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所長が一戸僧侶を訪ねて丁寧に説得して成し遂げたという。これで日帝強制動員歴史館は武藤秋一の従軍日誌複製品と複製サック、珍品サックを所蔵することになる。

    現在、珍品サックを所蔵している場所は京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)の日本軍慰安婦歴史館、中国南京リジハン慰安所旧跡陣列館、中国上海師範大などだ。

    一戸僧侶は日本の代表的仏教宗教団体である青森県曹洞宗雲祥寺住持だ。彼は<朝鮮侵略懺悔記>発行を通じて曹洞宗が朝鮮侵略の時、国外布教という美名の下、犯したことを一つ一つ告発した。また、彼は日本が存在自体を否定する日本軍性奴隷を立証できる慰安所写真を全北(チョンブク)群山市(クンサンシ)東国寺に寄贈した。

    日帝強制動員歴史館関係者は「サックは日本軍性奴隷が存在したことを証明する資料だ。サックの実物は現存する数が少ないだけに、価値が優れ幅広い活用が期待される」と話した。

    キム・グァンス記者

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 慰安婦存在証明する「日本軍コンドーム「釜山(プサン)にくる
    http://www.hani.co.kr/arti/society/area/787539.html

    関連スレ:【慰安婦問題】 「突撃一番」と書かれたコンドーム、これでも日本軍の介入はなかった?~アジア最大の南京利済巷慰安婦記念館[06/09]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1465486044/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490187286
    【【慰安婦問題】 慰安婦の存在を証明する日本軍コンドーム『突撃一番』、釜山の国立日帝強制動員歴史館にくる】の続きを読む

    1 名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 21:00:51.56 ID:CAP_USER.net

    今、私たちは大統領が弾劾裁判を通じて罷免され、早期大統領選挙に臨む危機状況にある。ところが隣の国々は私たちとの懸案を彼らの側に有利に持っていくため、このような状況を利用する姿勢を見せており残念だ。格言に危機に瀕した時、真の友人が誰か分かるというが、隣国の真の姿を見て私たちの心を新たに引き締める契機になる。

    これまで私たちは、中国とは戦略的パートナー関係、そして日本とは未来指向的関係を追求してきたが、現在、両国がTHAAD事態と釜山少女像問題で経済報復措置と外交的圧迫を加えているのを見れば、これは口先だけに過ぎないことを私たちが体験した。

    私たちと中国、日本は隣国として長久な歴史的関係を分かち合ってきた。もはや歴史は中世の王朝時代と近世の植民帝国主義時代を経て個人の自由と尊厳を最高の価値とする時代に至ったが、私たちの隣国の私たちに対する態度を見る時、過去の征服王朝的または植民帝国主義的意識構造から完全に脱離できずにいると感じられる。

    中国と日本の私たちに対する現在の措置は明確に均衡感が欠如した「過手」である。中国の場合、THAAD配置に反対して観光禁止、限韓令と共にロッテに対する経済的報復措置を加えているが、このような措置が適切かは、中国国内でも疑問と自省の意見が出始めている。

    中国がTHAAD配置の根本原因である北朝鮮の核とミサイル開発を傍観したまま、防御的なTHAAD配置を中国の安保脅威だと主張し反対するのは結果的に北朝鮮をほう助することと同じ結果になる。韓・中国修好後25年間、誠実に発展させてきた友好協力関係を中国が一日で壊す姿勢は理解し難い。このような両国関係の限界は私たちと中国間に存在する理念と体制の差に起因すると見られる。

    日本は釜山少女像問題で駐韓日本大使の召還など外交的圧迫は加えているが、これもまた市民団体が主導して地方自治体が承認した少女像設置について私たちの国家を相手に外交的措置を取るのは過手である。日本政府は昨年12月、慰安婦合意を両国間の過去の歴史を克服し未来指向的な友好協力関係を追求していく礎とすることが望ましい。

    従って慰安婦合意がきちんと役割を果たすためには慰安婦犠牲者らの心を動かせる日本側の補完的な措置が必要であり、日本政府はこのような補完的な措置を通じて慰安婦合意に生命力を吹き込まなければならない責任があると見る。

    中国と日本は現在、取っている措置が過手だから、これから時間が経つほど私たちとの関係を正常化できる出口を探すのが難しくなる。私たちが現状況を毅然と克服していけば、私たちの隣人たちは素顔を晒した自分たちについて自ら恥じる可能性が大きいと見る。私たちは隣人たちにうかがえる王朝的、植民主義時代的価値に対し自由民主主義的価値体系で先導していかなければならないだろう。

    シン・ギルスと元駐ギリシャ大使
    http://ph.kyeonggi.com/news/photo/201703/1328964_1223931_0528.jpg


    ソース:京畿日報( (韓国語) [世界は今]私たちの隣国の真の姿
    http://www.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1328964


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490184051
    【【日中韓】 私たちの隣国の真の姿~韓国が毅然と克服していけば、中国と日本は素顔を晒したことを自ら恥じる可能性が高い】の続きを読む

    1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 19:22:35.51 ID:CAP_USER.net

    2017/03/22 17:58

    【世宗聯合ニュース】2014年に韓国南西部の珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の引き揚げテストが22日午前10時に開始され、同日午後3時半ごろ、船体が海底から約1メートル引き揚げられた。海洋水産部が発表した。

    引き揚げ作業の様子(海洋水産部提供)=22日、珍島

     現在、潜水士が肉眼で確認作業をしており、船体が海底から引き揚げられたことが確認されれば、船体を水平にする荷重調節作業を進める予定だ。

     同部は引き揚げテストが終了すれば、気象条件などを確認した上でセウォル号を完全に水面上に引き揚げる本作業に着手するかを決定する方針だ。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/03/22/0800000000AJP20170322005100882.HTML


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490178155
    【【韓国】セウォル号 海底から1メートル引き揚げ】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 12:29:59.44 ID:CAP_USER.net

     左派親北政権の誕生が現実味を帯びる韓国で、再び「核武装論」が勢いを増している。反米・対北融和派の韓国最大野党「共に民主党」の前代表・文在寅(ムンジェイン)氏が新たな韓国大統領になれば、「(北の同胞は)同じ民族としてよく頑張っている」として、大胆に北朝鮮に接近するのは間違いない。

     そして文在寅氏と金正恩委員長が手を握り、平和的な南北統一--「統一コリア」への流れができる。その時、韓国は核を放棄するのか。答えは否だ。拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士氏がレポートする。

                    * * *

     国際社会にはひた隠しにしてきたが、核保有は紛れもなく韓国の悲願である。これまでの経緯を見れば、韓国人の胸の内は明らかだ。

     1969年に就任した米国のニクソン大統領は、トランプ大統領と同様に東アジアからの撤退方針を打ち出した。突然の“ニクソン・ドクトリン”に震えた朴槿恵氏の父・朴正煕大統領は自主防衛の道を探り、1972年に核開発の検討を指示。

     米国は不穏な動きを見せる韓国に圧力をかけ、1975年に核拡散防止条約(NPT)を批准させたが、朴正煕氏の暗殺後、後継の全斗煥大統領も秘密裏に核開発を推進。1982年にプルトニウムを抽出している。この情報を得たレーガン大統領は訪韓時、全大統領にプルトニウム抽出の中止を求めた。

     また、2004年のIAEA(国際原子力機関)調査では、韓国が2000年にウラン濃縮実験を進めていたことが発覚。2017年までIAEAの監視下に置かれることとなった。当時、金泳三元大統領は毎日新聞の取材に「時の大統領が(核関連)実験の事実を知らないはずがない」と発言している。

     韓国は最近もSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載する3000t級の潜水艦製造に意欲を見せている。SLBMは核弾頭を搭載しなければ意味がない。

     一連の動きは、韓国が国家戦略として一貫して核兵器の開発を目指してきたことを示す。韓国は実は粛々と国家目標を立て、戦略的に外交を行う国だ。世界は彼らの核武装への願望を過小評価している。では、なぜ韓国は執拗に核を求めるのか。主な要因は地政学的な条件だ。

     国境を接する北朝鮮の核の脅威、“歴史を反省せず虎視眈々と韓国の再侵略を目指す”敵国・日本、今なお不気味な存在のロシア、そして核超大国の中国……。こうした周辺の大国と対峙するには自前の核を持つしかないと彼らは考える。そして、イージス艦や潜水艦などの技術供与を拒み、在韓米軍の削減すらチラつかせる米国は、同盟国でありながらも決して信頼できるパートナーではない。

     これが韓国の基本的な考え方だからだ。この国防上の戦略に加え、“究極の武器”を持ちたいという韓国の自負心も核開発構想を後押している。では、実際に韓国が核を入手すると何が起こるのか。

     米国は猛反発し、経済制裁などあらゆる脅しで核保有断念を迫るだろうが、赤く染まった統一コリアが中国に接近することは明白だ。大きな後ろ盾を得た文在寅氏と金正恩委員長は米国の干渉を撥ねつけ、決して核を手放さないだろう。

     統一コリア内で南北のどちらが主導権を握るかは統一までの過程にもよるが、北朝鮮主導で統一が成されれば、外資などを誘致するために米国や日本との関係改善を重視する可能性がある。一方、慰安婦像の増設をしてきた韓国が統一すれば、日本の歴史認識をただすことに熱心な国家になる可能性が高い。

     いずれにせよ、核付きの朝鮮半島と中国が手を組めば、日本にとって相当な脅威となることは間違いない。

     そのとき、日本はまず、価値観をともにする米国との関係強化が必須である。その上で「国益を主張する日本」を鮮明にした外交が必要となる。

     たとえば、「非核三原則の遵守」を前面に押し出す必要はない。実際に核開発をせずとも、非核三原則を口にしなくなるだけで国際社会は「日本が核武装するかもしれない」と疑心暗鬼になり、抑止力になる。軍事費は不要だ。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n2.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170322/frn1703221130008-n3.htm

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 12:30:16.24 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

     実現に長い時間がかかる核開発は現実的な選択肢ではない。むしろ通常兵器を強化すべきだ。空対地ミサイルや巡航ミサイル、弾道ミサイルの新規開発、空中給油機、情報収集衛星の増強など、使える兵器の強化を図るべきだ。

     朝鮮半島の核保有という「悪夢」の到来を前に、日本がなすべきことは多い。

     ●たけさだ・ひでし/1949年兵庫県生まれ。慶應義塾大学大学院修了後、防衛省防衛研究所(旧・防衛庁防衛研修所)に教官として36年間勤務。その間、韓国延世大学に語学留学。米・スタンフォード大学、ジョージワシントン大学客員研究員、韓国中央大学国際関係学部客員教授を歴任。2011年、防衛研究所統括研究官を最後に防衛省を退職。その後、韓国延世大学国際学部教授等を経て現職。主著に『東アジア動乱』(角川学芸出版刊)、『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所刊)、『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』(PHP研究所刊)などがある。

     ■取材・構成/池田道大(ジャーナリスト)

     ※SAPIO2017年4月号

    (おわり)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490153399
    【【軍事】核保有は韓国の悲願 統一コリア実現は日本の脅威 まずは米国との関係強化が必須】の続きを読む

    1 名前:すらいむ ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 11:10:45.91 ID:CAP_USER.net

    北朝鮮がミサイル発射か

     北朝鮮が22日朝、東部元山付近からミサイル数発を発射した可能性がある、と日本政府関係者。

    共同通信 2017/3/22 11:02
    https://this.kiji.is/217101167708440056


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490148645
    【【北朝鮮】ミサイル発射か】の続きを読む

    1 名前:ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 08:47:08.48 ID:CAP_USER.net

    「米軍慰安婦」の真相究明・被害者支援法の制定、再び力が入る

    政府資料公開の必要性を強調
    正確な実態調査の必要性を提起
    超国家的連帯に問題化提案

    「韓国内の基地村米軍慰安婦国家損害賠償請求訴訟」の一部勝訴の判決で、米軍慰安婦被害の真相調査と生活支援のための法制定に再び力が入っている。

    基地村女性人権連帯と韓国女性団体連合、基地村米軍慰安婦国家賠償請求訴訟の共同弁護団、セウムト、共に民主党ユ・スンヒ議員の共同主催で20日、国会議員会館で開かれた「米軍慰安婦訴訟の結果の意味と法制定のための討論会」に集まった参加者は、法制定に必要な要素を交わす席を持った。

    米軍慰安婦は、1960年代から在韓米軍基地周辺のいわゆる「基地村」で売春女性として生きてきた経験がある者である。彼らは大韓民国が1961年に売春行為防止法によって売春が全面禁止されたにもかかわらず基地村を形成・管理して事実上の売春を幇助・勧誘・助長まですることにより、人権を侵害したと主張している。

    これに対してソウル中央地裁は、米軍慰安婦120人が提起した「韓国内の基地村米軍慰安婦国家損害賠償請求訴訟」の1審で一部勝訴の判決を下した。裁判所は、構造的に米軍の要請により国が基地村での売春を助長・勧誘したという点は受け入れなかったが、基地村慰安婦はナクゴムジャ収容所(基地村一帯で売春をしていた女性のうち、性感染症に感染した、または、感染したと推定された女性たちが収監されて治療を受けたところ)などに隔離して治療した行為は、違法であると判断を下したため、基地村慰安婦の存在と、彼らに対する人権侵害の事実を認めた。

    討論会の参加者たちは基地村米軍慰安婦問題に対する一般の人々の低い認識と偏見、否定的な評価などを指摘し、法制化のための連帯の重要性を強調した。

    基地村慰安婦国家賠償訴訟原告らの共同代理人であるハジュヒ弁護士は「事件を進行する過程で最大の問題は、すべての慰安婦を登録することにしたという事実が明らかになったにもかかわらず、「登録簿」をはじめ、いかなる機関の公式的な資料協力を得ることができなかったという点」、「最近、米国側で公開された韓米合同委員会会議録などは、米軍と韓国政府が女性を「供給」するためにどのような努力をしてきたのか赤裸々に書かれているが、これに対する十分な分析と検討も一緒に行われてこそ、その責任の究明が立体的に可能だろう」と強調した。

    イ・ナヨン中央大学社会学科教授は、超国家的女性運動としての基地村女性運動の必要性を主張した。この教授は、「韓国で基地村売春問題は、外国軍隊の駐留問題という国際関係の文脈で発生しただけでなく、地域の国々の協力と地域家父長の同調を通じて、その持続性が担保を受けたことから、当初、超国家的歴史・政治・社会問題だったが、長い間、韓国社会の関心の対象にならなかった」と指摘し、「女性主義運動の多層的連帯は植民地主義、帝国主義、資本主義、軍事主義が連携した超国家的家父長のネットワークを理解し、これを基に拡大しているグローバル化の問題を深く分析し、対応するために洞察力を提供するだろう」と助言した。

    米軍慰安婦を対象とした支援プログラムを提供している「セウムト」シン・ヨンスク代表は「民間団体として、政府の文書を入手するには、多くの限界があった。国会では、政府が保管している米軍慰安婦関連資料を開示するように促して米軍慰安婦問題の真相究明と名誉が回復されるように努力しなければならない」と述べた。

    続いて「現在生存している米軍慰安婦に対する実態が正確に把握されていない状況」とし、「現在の基地村と旧基地村に居住している米軍慰安婦たちを対象に実態調査を実施し、米軍慰安婦の現在の状況を適切に把握して、米軍慰安婦の特性に合った支援プログラムを開発しなければならない」と付け加えた。

    ソース:ニュース天地 2017.03.20 18:29:02(機械翻訳)
    http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=412979


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490140028
    【【韓国】「米軍慰安婦」の真相究明・被害者支援法の制定、再び力が入る】の続きを読む

    1 名前:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 22:12:31.70 ID:CAP_USER.net

    http://blogos.com/article/214911/

    http://static.blogos.com/media/img/19929/free_l.jpg


    本日、参院沖縄及び北方問題に関する特別委員会に出席。

    山田宏理事が、沖縄の基地反対運動で逮捕された者のうち外国人は何人いるかと質問。

    基地反対運動においてここ2年で41人が逮捕されていることは先日の私の質疑で明らかになっていましたが、「41人中4人が外国籍の者」と警察庁の答弁。

    4人はいずれも韓国籍とのことです。

    沖縄の基地反対運動に外国籍の人物が入り込み、しかも逮捕されていることが公式に明らかになりました。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490101951
    【【沖縄】基地反対運動 外国籍の逮捕者が4人(いずれも韓国籍)いることが明らかに 和田政宗】の続きを読む

    1 名前:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 21:32:59.67 ID:CAP_USER.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000047-jij_afp-int

    【AFP=時事】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国への配備をめぐり中韓関係が悪化する中、韓国人に他国の好感度を尋ねたアンケート調査の嫌いな国ランキングで、中国が日本を抜いたことが明らかとなった。

     これまでは慰安婦問題をはじめ、旧日本軍による戦時中の残虐行為をめぐる論争が主な理由となって、日本が北朝鮮に次ぐ嫌いな国の地位を常に占めていた。

     しかし現在、中国は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するため韓国に配備されたTHAADについて、自国の安全保障を脅かすものとして強く反発しており、経済報復として、国内にある韓国系小売店数十店の閉鎖や、韓国への団体旅行の禁止といった一連の措置を取っている。

     韓国のシンクタンク、峨山政策研究院(Asan Institute for Policy Studies)が行った世論調査によると、10を最も好意的とする段階評価で、今年1月には4.31だった中国の評価は今月、3.21まで下がった。慰安婦をめぐる外交問題が発生した日本も、3.56から3.33へと下がった。

     また調査では米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席、日本の安倍晋三(Shinzo Abe)首相も好感度を下げ、中でも習国家主席の好感度は4.25から3.01と大幅に下がった。【翻訳編集】 AFPBB News


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490099579
    【【中韓】韓国人の最も嫌いな国ランキング、中国が日本を抜く】の続きを読む

    1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 12:18:44.11 ID:CAP_USER.net

    【時視各角】あきれる韓国外交
    2017年03月21日07時58分
    [中央日報/中央日報日本語版]

    先週、飛行機から階段のタラップではなく金色のエスカレーターに乗って降りてくる人を初めて見た。主人公はサウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジズ国王(82)。サルマン国王が1カ月間にわたりマレーシア・インドネシア・モルディブ・ブルネイ・日本・中国などアジア6カ国を訪問するたびにサウジアラビアから空輸してきた移動式のエスカレーターが登場した。それだけではない。サルマン国王のベンツ特殊防弾車両は1台15億ウォン(約1億5000万円)。トランプ米大統領が乗る車より30%ほど高い。ここに随行した皇太子は25人、訪問団は1500人。インドネシア大統領宮での夕食会では車750台の行列が4キロも続いたという。

    サウジ国王はほとんど海外に出て行かない。日本は46年、中国は11年ぶりだ。しかし一度出て行けば大金をばらまく。マレーシアでは8兆ウォン、インドネシアでは17兆ウォンの投資の約束をした。中国はなんと28兆ウォンだ。日本では世界最大の企業公開(IPO)となる石油企業アラムコの東京証券取引所上場を約束した。アラムコの企業価値は最大2兆ドル(約226兆円)。これが実現すれば日本には非常に大きな利益となる。

    ところがここから韓国は抜けた。韓国は世界でサウジ産原油を4番目に多く輸入する国だ。いわばアジア最大顧客の一つだ。しかしサルマン国王は背を向けた。理由は簡単だ。政治的な不安定。行っても効果がないということだ。我々は藁をもつかむように国王を随行した閣僚10人の一人、ファキーフ経済企画相を日本訪問前に韓国に呼んだ。彼の一言で柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相との会談もセッティングされた。しかし柳副首相が「サウジのメトロ事業に韓国が参加できるようにしてほしい」と述べると、ファキーフ経済企画相は「それを望むなら我々のサウジ国富ファンドに入るべき」と反論したという。投資を誘致するどころか、代わりに来た一人の閣僚から助言を受ける立場になった。

    韓国を飛び越えて通過する「コリアパッシング(passing)」。知り合いの整形外科院長の中東訪問を支援し、受注実績を膨らませ、実益は得られず、米中外交に偏りすぎた総合的応報だ。

    対米外交の実態はさらに見苦しい。先週ティラーソン米国務長官が韓国を離れながらしたインタビューで「我々は彼ら(韓国)から夕食会への招待を受けなかった。彼ら(韓国政府)は最後になって(夕食会をしなければ)大衆的に見て自分たちに良くないと悟った。それで私が疲れて夕食会に応じなかった公表した」という反論は最高レベルの不快感の表示といえる。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領時代さえ韓国政府内でのあらゆる反米発言にも公開的な席では口を堅く閉じた米国だ。韓国外交部は「コミュニケーションに混乱があったようだ。今後、説明があるだろう」と退いたが、取り返しはつかない。全世界にそのように刻印された。実務協議の過程での米国側のミスがあったのかもしれない。しかし誰のミスかに関係なくティラーソン長官がこうした異例の発言をしたということ自体が右往左往の韓米関係、緩んだ韓米疎通、格下げされた韓米同盟の現状を表している。これが「コリアパッシング」でなければ何か。怒ったティラーソン長官に陳謝でもするかのように尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官はわずか会談4日後の21日、我々には特に急ぎでもない米国務省主催の「反イスラム国(IS)外相会議」に出席するためワシントンへ行く。頻繁に会うということまで非難できないが、すっきりしない。

    さらに懸念される問題は今回輪郭が表れたトランプ政権の超強硬対北朝鮮政策と正反対の主張をしている韓国の野党大統領候補とのかい離だ。トランプ政権は「制裁と圧力」という従来の対北朝鮮政策に「掛け算」をしようとするが、韓国の大統領候補らは「引き算」、いや「割り算」を主張する。朝米間、米中間の衝突より韓米間の衝突が先に発生するしかない構造だ。その場合、「コリアパッシング」どころか、韓米同盟64年の最大の危機を迎えることもある。韓国大統領候補らはそのような覚悟ができているのか。

    金玄基(キム・ヒョンギ)/ワシントン総局長

    http://japanese.joins.com/article/084/227084.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490066324
    【【韓国】あきれる韓国外交 韓国を飛び越えて通過する「コリアパッシング」】の続きを読む

    このページのトップヘ