1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 11:54:44.79 ID:CAP_USER.net

    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、ソウル市内で開かれた光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)72周年の記念式典で演説し、

    「朝鮮半島で再び戦争があってはならない。朝鮮半島での軍事行動は韓国国民だけが決定することができ、誰も韓国の同意なく軍事行動を決定することはできない」と強調した。

    また、「韓国の国益が最優先で正義だという政府の原則は確固たるもの」とした上で、「政府は全てをかけて戦争だけは防ぐ」と決意を示した。

    特に、「紆余(うよ)曲折を経るとしても、北の核問題は必ず平和的に解決しなければならない」とし、「この点で韓国と米政府の立場は変わらない」とした。

    北朝鮮と米国間の外交的な緊張が朝鮮半島での武力衝突につながりかねないと懸念される中、軍事行動の最終決定権が韓国にあることを明確にすることで「戦争は絶対にあってはならない」と釘を刺したものといえる。

    文大統領は現在直面する問題として北朝鮮の核とミサイルを挙げ、「政府は現在の安全保障状況を大変重大と認識している。堅固な韓米同盟を基盤に米国と緊密に協力しながら安保危機を打開する」と述べた。

    その一方で、「安保を同盟国だけに頼ることはできない。朝鮮半島問題はわれわれが主導的に解決すべきだ」と、韓国主導の姿勢をあらためて示した。さらに、「朝鮮半島の平和も分断の克服もわれわれが自らの力で取り組んでいくべきだ」とした。

    文大統領は朝鮮半島の平和が北東アジアと世界の平和になるとした上で、世界と共に朝鮮半島と北東アジアの恒久的な平和体制構築を目指すと強調。

    「国際社会で平和的な解決の原則がぐらつかないよう、外交努力を一層強化し、国防力に支えられる堅固な平和に向けわが軍はさらに強く頼もしく革新して強い防衛力を構築する」と表明した。また、「南北間の軍事的な緊張が状況をさらに悪化させないよう、軍事的な対話のドアを開けておく」とした。

    北朝鮮に対する制裁と対話については「後先が問題ではない」としながら、「核問題の解決は核凍結から始まるべきで、少なくともさらなる核とミサイル挑発を中止してはじめて、対話の条件が整う」との見解を示した。北朝鮮への厳しい制裁と圧力も、あくまで対話に導くことが目的だと述べた。

    文大統領は北朝鮮当局に向けて、「国際的な協力、共生なくして経済発展を成し遂げるのは不可能で、このまま進めば北は国際的な孤立と暗い未来があるのみだ。多くの住民の生存と朝鮮半島全体を苦境に追い込むことになる」とし、韓国もやむなく北朝鮮への制裁と圧力を強めるしかないと警告した。

    その上で、「即刻挑発をやめ、対話の場に出て、核なしでも北の安保を憂うことがない状況をつくるべきだ」と呼びかけた。

    さらに「われわれは北の崩壊を望まず、吸収統一も人為的な統一も追求しない」と明言。「統一は『平和的、民主的』なやり方で成し遂げなければならない」と力を込めた。

    文大統領はドイツ・ベルリンで発表した「朝鮮半島の新経済地図」構想を取り上げ、「南北間の経済協力と北東アジアの経済協力は南北共同繁栄をもたらし、軍事的な対立を緩和する」と説明。「経済協力の過程で北は核兵器を持たなくても安保が保障されることに気付くだろう」とした。

    文大統領は「簡単なことから始めるよう、今一度、北に提案する」とし、朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族の問題など人道的な協力の再開と、2018年に韓国で開催される平昌五輪の活用を呼び掛けた。

    一方、対日関係については、「もはや2国間関係を超え、北東アジアの平和と繁栄のため共に協力する関係に発展しなければならない」として、「歴史問題が韓日関係の未来志向的な発展の足を引っ張り続けることは望ましくない」と述べた。

    ただ、「韓日関係の未来を重視するからといって、歴史問題を覆い隠して(前に)進めるわけにはいかない」として、「歴史問題にしっかり決着をつけた際、両国の信頼がさらに深まる」との認識を示した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/15/0200000000AJP20170815001800882.HTML

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 11:54:59.40 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

    旧日本軍の慰安婦問題や植民地時代の強制徴用問題にも触れ、「慰安婦や強制徴用など、韓日間の歴史問題の解決には人類の普遍的な価値と国民的な合意に基づいた被害者の名誉回復と補償、真実究明と再発防止の約束という国際社会の原則がある」として、

    「政府はこの原則を必ず守る。日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」と強調した。

    その上で、「独立運動の功績を子孫に記憶させるため、臨時政府記念館を建設する」との計画を明らかにした。

    また、「今後、南北関係が改善すれば、南北が共同で強制動員被害の実態調査を行うことも検討する」と述べた。

    (おわり)

    http://img.yonhapnews.co.kr/etc/inner/JP/2017/08/15/AJP20170815001800882_01_i.jpg

    演説する文大統領=15日、ソウル(聯合ニュース)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502765684
    【【韓国】文大統領、「朝鮮半島での軍事行動は韓国国民だけが決定することができ、誰も韓国の同意なく軍事行動を決定することはできない」】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 08:15:10.70 ID:CAP_USER.net

     戦後72年にあたる今夏もまた、8月15日に終戦記念日がやってくる。元SEALDs諏訪原健さんはこの日を前に、夏休みの宿題で「戦争」をテーマに作文を書いたことを思い出したという。

    *  *  *
     小学校高学年くらいの頃、夏休みの宿題で「戦争」を題材に作文を書くことにした。予科練だった祖父に戦争体験を聞いて、「戦争」について感じたことをまとめていったのだが、締めの言葉が思いつかない。考えることに疲れた私は、とってつけたように、次のような文を書いて作文を完成させた。

     「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和があることを忘れずに生きていきたい」

     どこかで聞いたことのあるような、ありふれた言葉だった。それでも随分と高尚な作文が書けた気がして、自分としては満足だった。何より夏休みの宿題を終わらせることのほうが重要だった。

     そんなこだわりもなく書いた文章が、長きにわたって、私の思考様式として頭に染み付いていた。「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」というのは、私にとってはごく当たり前のことだった。しかしその考え方は、「戦争」について知ろうとすればするほど、もろくも崩れていくことになる。

     きっかけのひとつは、2016年11月に沖縄・読谷のガマを訪れたことだ。83人もの人が「集団自決」に追い込まれたガマに目を凝らしながら、ここにいた人々に思いを馳せる。それぞれの人にかけがえのない人生があったはずだ。もっと生きたいと強く願いながらの死だったかもしれない。

     考えれば考えるほど、「みなさんの尊い犠牲のおかげで、今の平和があります」なんて言葉で片付けることなど到底できないと思った。

     翌月、中国・南京の大虐殺記念館に足を運んだ。「万人坑」と呼ばれる場所には、殺害された人々の遺骨が無造作に折り重なっている。中にはまだ子どもと思われるものもある。遺骨を見ながら、私は「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」という言葉を思い返していた。彼らも「戦争」によって命を奪われたことに変わりはない。

     しかし自らが「尊い犠牲」という言葉を用いる時、この人たちのことが抜け落ちてしまっていたのではないか。そう考えると、遺骨に目を向けているのがつらくて仕方なかった。

     帰国してからしばらく経って、伊藤智永さんの『忘却された支配』という本を手にとった。この本の中で、伊藤さんは、「戦争犠牲者は戦後の平和と繁栄の礎だった」とする言説を「礎論」と名付けて批判する埼玉大学の一ノ瀬俊也教授の知見を用いながら、次のような言葉を綴っている。

    「戦争の死者たちは、自分がこの業苦を受忍すれば、死後の日本は平和に栄えるはずと信じて死んだのか」

    「戦後は、尊い犠牲のお陰で築かれたのではなく、無数の不条理な死にもかかわらず、別の国の新たな戦争景気で潤い、図らずとも幸せを享受してしまった。『礎論』は、生き残った者たちがやましさを取り繕い、因果をすり替えて唱和しているのではないか」

     私はこの文章を読んで、頭をガツンと殴られたような気がした。私自身は「やましさ」があって、「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」と考えていたわけではない。しかし戦争で命を失った人々を「尊い犠牲」としてまつり上げていたことに変わりはない。

     しかもそこでは、無意識のうちに「日本人」ばかりに目が向いていた。そのことを改めて突きつけられた気がして、これまでの自分を恥じずにはいられなかった。

     伊藤さんの言葉を引き受けながら、自分なりに考えたことがある。それは、「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」という思考は、過去の「戦争」という出来事を見えにくくするだけでなく、現在を生きる私たちと「戦争」とのつながりを見えにくくしてしまうのではないかということだ。

     戦争による「傷」に苦しめられている人は、今日に至っても多くいる。「戦争」が敗戦とともに終わりを迎えたわけではない。目には見えない形で「戦争」は続いている。

     原爆や在日米軍基地、在日コリアンへの差別などの問題を思い浮かべれば、そのことは容易に理解できるはずだ。

    https://dot.asahi.com/dot/2017081400008.html

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 08:15:24.35 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

     日常的にニュースで取り上げられている「北朝鮮の脅威」だって、植民地支配の産物ではないか。私たちの目の前にある現在は、過去と切り離して、「平和」と簡単に割り切れるようなものではない。

     広島、長崎の原爆の日が過ぎ、今年も8月15日を迎えようとしている。

     「亡くなられた方々の犠牲の上につくられた今の平和」

     「尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります」

     かつて私が作文に書いたものと同じような言葉を、今年もすでに目にした。おそらくこれらは真摯な心のうちから発せられたものなのだろう。しかしそのような言葉は、私たちが「戦争」を理解することを阻むものになっているような気がしてならない。

     もちろん今を生きる私たちが「戦争」を理解するなど、そもそも困難なことなのかもしれない。だからと言って安易な言葉で満足していてはいけないと私は思う。

     歴史の中に埋もれた個々人の小さな物語に寄り添い、被害だけでなく加害の側面にも目を向けながら、過去と現在とのつながりに思いを馳せることもできるのではないだろうか。

    (おわり)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502752510
    【【元SEALDs】諏訪原健「目には見えない形で『戦争』は続いている。在日コリアンへの差別などの問題を思い浮かべれば容易に理解できる」】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 22:11:23.53 ID:CAP_USER.net

    韓国のムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官が、アメリカ大統領の朝鮮半島政策を批判しました。

    イルナー通信によりますと、ムン特別補佐官は、13日日曜、トランプ大統領の最近の北朝鮮に対する脅迫的な発言と地域の緊張の拡大を批判し、「アメリカ大統領がこのような脅迫的な発言を行うべきではない」と語りました。

    また、「トランプ大統領の立場は明確ではなく、このような発言に、韓国政府は混乱している」としました。

    http://parstoday.com/ja/news/world-i33942

    http://media.ws.irib.ir/image/4bkbcc284dd98ahgla_800C450.jpg

    トランプ大統領


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502716283
    【【米韓】韓国政府、トランプ大統領を批判】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 13:02:42.52 ID:CAP_USER.net

    加計(かけ)学園の獣医学部新設問題で「行政がゆがめられた」と告発して注目を浴びた前川喜平・前文部科学次官(62)は、高校の授業料無償化制度の担当官だった。

    前川氏らは朝鮮学校にも適用する方向で動いたが、第二次安倍政権は拉致問題などを理由に除外した。

    朝鮮学校を外した国の処分の是非が争われている訴訟では最近、広島、大阪両地裁で正反対の判断が示された。

    前川氏は「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」と訴える。 (佐藤大)

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017081402000115.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502683362
    【【東京新聞】「朝鮮学校も無償化対象と思っていた」「せめて司法で救済してほしい」 前川喜平・前文科次官に聞く】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 10:49:48.58 ID:CAP_USER.net

    言葉が爆弾やミサイルなら、韓半島(朝鮮半島)戦争はすでに始まった。トランプ大統領は北朝鮮が核・ミサイルで米国を威嚇すれば北朝鮮政権は炎を浴びて終末を迎えるだろうと警告した。10日には北朝鮮が想像もできないことが起こると警告の程度を高めた。北朝鮮の対応はさらに殺伐であり具体的だ。

    キム・ラクギョム戦略軍司令官は中長距離弾道ロケット「火星12」4発でグアムを包囲攻撃することを「慎重に検討」していると、朝鮮中央通信を通じて発表した。「慎重に検討」という退路を開いておいたのをみると、先制打撃にはためらいがあるということだ。

    問題はワシントンの好戦的な雰囲気だ。北朝鮮の核・ミサイル施設に対する先制打撃論がついにマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の「予防戦争論」に拡大発展した。こうした雰囲気でトランプ大統領は韓国人を侮辱する妄言をした。

    8月1日の米NBC放送のインタビューでリンゼー・グラム上院議員(共和党)はトランプ大統領が自分にした話をこのように伝えた。

    「北朝鮮がICBMで米国を攻撃するミサイルプログラムを継続すれば北朝鮮と戦争が起こるだろう。ミサイルプログラムを中断させるための戦争が起こるのなら、それは向こう(over there)で起こる。数千人が死ぬなら、それはここ(over here)でなく向こうだ」。グラム議員はトランプ大統領が私に直接(to my face)そのような話をしたとまで説明した。

    言うまでもなくトランプ大統領が話した「向こう」は韓半島であり「ここ」は米国だ。戦争が起これば数千人でなく数十万人、核戦争なら数百万人が死亡することを考えれば、トランプ大統領は戦争に関する概念さえもない危険な大統領だ。すべての犠牲は「向こう」で発生するというトランプ大統領の言葉は正しい。

    第2次世界大戦からアフガニスタン戦争まで米国がしたすべての戦争がそうだった。数十万人の米軍が戦死し、数百、数千万人の現地人が犠牲になっても、1941年のハワイ真珠湾を除いて米本土は血を一滴も流さなかった。米同時多発テロのような不意の事態でなければ米国が傷つくことはないという安堵感が米国人の潜在意識に深く刻まれている。

    とはいえ、どうすれば米国の大統領という人物がためらいもなくそのような話ができるのか。米国本土防御のためには、韓国の領土が戦火に包まれて数十万人の韓国人が犠牲になってもかまわないという発言をするのは非常識だ。

    8月5-11日付のエコノミスト誌は仮想的な韓半島戦争のシナリオを掲載した。米国と北朝鮮が核兵器を使用し、北朝鮮は短距離ミサイルで核弾頭だけでなく化学兵器と神経ガスを韓国に散布する。ソウル市民30万人が死亡し、多数の人々が放射能の落塵で徐々に死んでいく。

    金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は軍参謀と共にバンカーで爆死し、北朝鮮政権は壊滅する。シナリオはトランプ大統領がツイッターに載せたコメントで終わる。「悪魔(evil)の金正恩がソウルを核兵器で攻撃したのは悪い。私は核で反撃するしかなかった。しかし私がとった行動で米国は無事だ!」

    トランプ大統領は信頼できない同盟国の大統領だ。彼は中国の習近平主席が北朝鮮に十分に圧力を加えないと不平をいうだけで、習近平主席が手に負えないほどの経済的制裁を加えない。言葉だけなのは習近平主席もトランプ大統領も同じだ。中国の対北朝鮮原油供給中断が抜けた安保理の北朝鮮制裁決議案も歯が抜けたトラだ。

    先制・予防打撃論者は、米国・韓国・日本が大きな被害を受けずに北朝鮮の核・ミサイル施設を先制打撃で除去できると錯覚する。北朝鮮のミサイルは北朝鮮の山岳地帯のあちこちに隠されている。7月28日に「火星14」を発射したところも朝中国境から30キロ離れた慈江道舞坪里(ムピョンリ)だ。

    韓米連合軍は戦時に朝中国境50キロ以内の地域は攻撃しないという内規を定めている。中国の介入による戦争拡大を懸念しているからだ。

    http://japanese.joins.com/article/294/232294.html
    http://japanese.joins.com/article/295/232295.html

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 10:50:02.81 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

    文在寅大統領がトランプ大統領との電話会談で北朝鮮の核・ミサイル問題は平和的に解決するべきだと強調したのはよいが、我々の要求はさらに一歩踏み込まなければいけない。トランプ大統領に対し、北朝鮮に最大限の圧力を加えながらも先制・予防攻撃はしないという立場を明らかにするよう要請する必要がある。

    弱者である金正恩委員長はそういう話を先にできない。言葉の爆弾が火花を散らし続ければ、災難も起こりかねない。空母、B-1B戦略爆撃機、F-22戦闘爆撃機など強大な戦略資産を総動員し、北朝鮮を東海(トンヘ、日本名・日本海)・西海(ソヘ、黄海)と空中で圧迫しながらも、対話の扉を開いておくべきだ。

    対北朝鮮圧力と戦略資産の展開は戦争防止のためであり、戦争のためであってはならない。今日の韓国人にとって至上命令は戦争予防と平和ではないのか。

    金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト/論説委員

    (おわり)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502675388
    【【中央日報】韓国人を侮辱する妄言を吐いたトランプ大統領 数十万人の韓国人が犠牲になってもかまわないという発言は非常識】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 09:49:34.90 ID:CAP_USER.net

    「世界日本軍慰安婦記念日」の8月14日を翌日に控えた13日、日帝時代の日本の慰安婦募集過程を目撃した日本の警察が当時の状況を「誘拐」と認知して調査したという内容の日本の警察文書が公開された。

    文書には「酌婦(慰安婦)募集の為、本邦内地(日本)とともに朝鮮方面に旅行中のものあり」という内容が入っている。これは日本の軍部の命令で進められた慰安婦募集過程に強制性があったという事実を示す文書とみられる。

    韓日文化研究所のキム・ムンギル所長(72、釜山外大名誉教授)は、昭和13年(1938年)2月7日に和歌山県警察部長が内務省警保局長に送った「時局利用婦女誘拐被疑事件に関する件」という題名の文書を13日に公開した。

    文書は「昭和13年1月6日4時ごろ、和歌山県の文里飲食店街に3人の挙動不審な男がいるのを見て尋問した」という内容で始まる。

    尋問の結果、男(挙動不審者)の話は「疑わしい者ではない。軍部からの命令により上海皇軍慰安所に送る酌婦を募集しにきた。3000人を連れてこいというがこれまで70人だけ昭和13年1月3日に長崎港から陸軍の御用船に乗せ憲兵の保護の下で上海に送った」とされている。

    また「情報係巡査が調査したところ、接待婦を上海に送る時の募集方法は、無知な婦女子に賃金も良く軍人を慰問するもので衣食住は軍が支給するなど誘拐する方法で募集した」と記録されている。文書には挙動不審者3人の名前と身分も書かれている。

    キム所長は「日本でも慰安婦を募集する時に誘拐して連行した事件が起き、和歌山県警察が挙動不審な男らが女性を誘拐していると各県警察署に通知した文書」と説明した。

    この内容は97年3月24日に日本政府が発刊した文書集「従軍慰安婦関係資料集成」第1巻27ページなどにある。キム所長はこの文書を4月に日本のある国立大学の図書館で知人の助けを受けてコピーし確保したと明らかにした。だが大学の名前は公開しなかった。

    キム所長は釜山外大で30年間にわたり韓日関連史を教え退職した後に研究所を運営している。

    キム所長は1938年1月20日に長崎警察署外事警察課長が和歌山県刑事課長宛てに送った文書も公開した。

    この文書には「酌婦募集のために本邦内地(日本)並び朝鮮方面に旅行中のものあり。今後も同様要務にて旅行するものだろう。彼らに領事館で発給の身分証明書を携帯させるで乗船に便宜を与えるようにしなさい」という内容が入っている。

    また「本件(時局利用婦女誘拐被疑事件に関する件)は昨年12月21日付で上海にある日本領事館警察署長から長崎水上警察署長宛てに通知があった」と書かれている。

    キム所長は「日本が自国だけでなく朝鮮から慰安婦を動員しようと『誘拐』という方法を使い、軍部と上海領事館が介入した事実を知る前には日本の警察も慰安婦募集過程を『犯罪』と判断していたという事実がわかる文書」と話した。

    彼はまた「日本が慰安婦動員の強制性を否定し証拠がないと主張するのは厚顔無恥な言動と言わざるを得ない。日本政府は過去の過ちを率直に認め被害者に謝罪しなければならない」と促した。

    慰安婦記念日は1991年8月14日に金学順(キム・ハクスン、1924~97)さんが生前に初めて慰安婦被害の事実を証言したことを称えるため2012年12月に日本軍慰安婦問題アジア連帯会議が定めた日だ。

    http://japanese.joins.com/article/293/232293.html

    http://japanese.joins.com/upload/images/2017/08/20170814093717-1.jpg

    慰安婦募集行為を「誘拐」として調査したという日本の警察文書。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502671774
    【【韓国】「慰安婦募集は誘拐事件」 強制性立証、日本の警察文書あった】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 23:37:14.91 ID:CAP_USER.net

    慰安婦メモリアル・デー行事に出席するために訪問 
    関西空港で別途調査室に連れて行かれ 
    滞在日程や訪問スケジュールなど問い詰め 
    活動家ら、似たような事例の証言相次ぐ

     韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表が日本の関西国際空港から入国途中、異例の調査を受けた後解放され、論議が起きている。

     日本軍「慰安婦」被害者問題解決の先頭に立ってきた尹代表と挺対協の活動を牽制しようとする日本政府の意図があらわになったのではないかという分析が出ている。

     実際、日本政府は昨年から自国と摩擦のあり得る韓国市民団体の関係者らに対する入国審査を一層厳しく強化したことが確認された。

     13日、尹代表がハンギョレに説明した内容を総合すると、尹代表は先月11日午後2時、一人で済州航空便で金浦空港を発ち、関西空港に向かった。12~13日に大阪と東京で開かれる第5回世界日本軍「慰安婦」メモリアル・デーの行事に参加するためだった。

     韓日間のビザ免除の要件に該当する「90日以内の短期滞在」であるため、ビザの発給は特に受けなかった。関西空港に到着した尹代表が午後4時に入国審査台を通過して荷物を取りに行ったところ、関西空港関係者が「尹美香さん」と呼び立てた後、取調室に連れて行った。

     尹代表が調査官に「どうして取調室に連れて来たのか」と聞くと、調査官は「観光に来たのかを確認しなければならない」と答えたという。

     続けて調査官は「日本に来た目的は何か」、「空港に誰が来ているのか」、「(出迎えの人は)日本国民か特別永住者(在日同胞)か」と尹代表の滞在日程や地域などを尋ねた。尹代表は30分ほど調査を受けた後、入国を許可された。

     尹代表は「26年間日本を行ったり来たりしたが、このような調査を受けたことはなかった。侮辱感を感じ、日本にまた来たくないと思った。日本政府の狙いはこれか」と話した。

     キム・ドンヒ挺対協事務処長は「2015年12月の韓日政府の慰安婦被害者合意でいつかこのようなことが起こるだろうと予想していた。日本が韓日市民社会の連帯活動を萎縮させようとしているようだ」と分析した。

     尹代表だけでなく、日本政府が関係に摩擦を感じているであろう韓国市民団体代表らが日本に入国するとき、似たような調査を受けたという証言も続いている。

     1991年から日本を143回以上訪問した太平洋戦争被害者補償推進協議会の李煕子(イ・ヒジャ)代表は「昨年10月から日本に入国する際、別途の調査を受けている」とし、「今年6月に沖縄の日本の市民団体の行事に参加するために訪問した時は、所持品も全部取り出して検査するなどして1時間30分の間調査された」と話した。

     早稲田大学で博士学位課程にいて10年ほど前から慰安婦被害者支援活動をしてきたH氏も個人のフェイスブックを通じて、最近日本に入国する時、今までとは違う細かい入国審査をされたと明らかにした。

     昨年8月、日本国内での「強制徴用労働者像」の建設のために関西空港から入国したチェ・ジョンジン民主労総委員長職務代行は、日本当局が最初から入国を不許可とし、韓国に帰って来た。

     尹代表は空港から解放された後、日本滞在の両日にわたり活動に大きな制約は受けなかった。尹代表は12日と13日に大阪と東京で日本軍慰安婦問題全国行動(全国行動)などが主催したメモリアル・デーの行事を終え、一緒に街頭行進もした。

     大阪韓国総領事館は13日、「日本の出入国管理所に尹美香代表などについて不必要な調査があったかを確認した後、抗議する」と明らかにした。

    パク・スジ、ノ・ジウォン記者、東京/チョ・ギウォン特派員

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28174.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502635034
    【【慰安婦】韓国挺身隊問題対策協議会代表、日本入国の際に「目的は何か」調査受ける 活動家ら、似たような事例の証言相次ぐ】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 15:16:57.25 ID:CAP_USER.net

    日本は北朝鮮のようになってきた。なぜなら日本人が安倍晋三首相をほめるからだ――

    こんな論評は悪い冗談なのか。北朝鮮のプロパガンダなのか。あるいは常軌を逸した人の独自の「考察」なのか。

    ところが朝日新聞のまじめな記事なのである。唖然というか、びっくり仰天というか。自分と同じ日本の新聞記者にこんな「意見」を堂々と書く人物がいることはにわかに信じ難い。

    朝日新聞8月11日付朝刊の10面、オピニオンというページに載ったコラム記事だった。「社説余滴」という通しのタイトルがついているから社説を書く論説委員たちの順番のコラムなのだろう。この記事の筆者は国際社説担当の箱田哲也論説委員とされていた。

    記事の見出しは「北朝鮮化する日本?」だった。たとえ?がついていても、この見出しが記事のすべてを物語る。日本が北朝鮮のようになっている、という趣旨なのだ。この記事の最重要部分はその末尾だった。記事の総括である。以下のような記述だった。

    ≪ソウル滞在中、日本通の韓国の重鎮とそんな話をしていると、こう切り返された。

    「ある日本のトップクラス官僚など、口を開けば安倍首相はすばらしいと絶賛する。何かに似ていると思ったら、『偉大な指導者、金正日同志は』というあれだ。もう韓国を通り過ぎたんじゃないか」≫

    以上の記述からこのコラム記事全体の「北朝鮮化する日本」という見出しが出てくるわけだ。いまの日本が北朝鮮のようだというのだ。しかも政治体制に関して、というのである。

    「韓国の重鎮」の言葉を引用し、記事全体の結びとして、その後には自分の言葉はなにもつけていない。つまり自分自身の主張の総括としているのだ。

    なんという短絡、なんという歪曲、なんという屁理屈だろうか。現在の日本が北朝鮮と同じだというのである。いや「理屈」という表現さえにも値しない。痴論、稚論とでも呼ぶべきか。

    その論拠は「韓国の重鎮」の一言なのだ。日本の官僚が自国の首相をほめたから、日本は北朝鮮と同じだというのだ。いやはや朝日新聞の社説はこうした思考回路の人物によって書かれているのか。その事実を天下に知らしめた点ではこのコラム記事の価値は高いといえるかもしれない。

    日本と北朝鮮がその政治体制や国家指導者のあり方でどれほどの差異があるか、いまさら説明の要もないだろう。

    定着した民主主義、主権在民の指導者選び、個人の基本的な権利、言論や結社の自由という諸点では世界トップ級の日本と、カルト的個人独裁、個人の権利の剥奪、収容所での大量弾圧、内政、外交両面での無法の北朝鮮と、その断層はまさに天と地である。

    この基本的な差異を無視して、「韓国の重鎮」が発したとする片言隻句を150パーセントの金科玉条として受け入れ、日本は北朝鮮と同じだと日本の読者に喧伝する。朝日新聞の箱田哲也論説委員の感覚はどうなっているのか。興味津々である。

    ちなみにこのコラム記事の残りの部分もさらりと要約して紹介しておこう。

    箱田記者は韓国に取材に行って、韓国は「現職大統領を革命的に、しかも非暴力で引きずり下ろした」のに、「日本社会はどうしてかくも平穏なのか」といぶかったというのだ。

    つまりは日本国民が安倍首相をなぜ革命的にひきずり下ろさないのか、という疑問を呈しているのだ。同時に日本国民に革命的な安倍政権打倒を煽っているとも響いてくる。

    そのうえで箱田記者は「日本が韓国化した」という見解を熱心に紹介していた。韓国では何もかも「日本が悪い」と批判する。最近の日本はその韓国と同じようになった。つまり「なにもかも韓国が悪いと批判する」という単純な韓国観が広がった、というのだ。これまた日本の現実を無視した主張である。

    この記事では日本は韓国化し、北朝鮮化したことになる。こんな考察はどうみても日本の普通の視点とは思えない。病んでいるのか、あるいはそもそも立脚地点が最初から日本側にはないのか、そうだとすれば、全体の説明がつくようにも思える。

    古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

    http://japan-indepth.jp/?p=35484


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502605017
    【【古森義久】日本の北朝鮮化?憂う朝日新聞 「日本は北朝鮮のようになってきた。なぜなら日本人が安倍晋三首相をほめるからだ」】の続きを読む

    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 10:54:01.36 ID:CAP_USER.net

    日本で相次ぐ金塊の密輸事件。香港、韓国、日本の「トライアングル」を中心に金塊が蠢いています。税関を管轄する財務省によると、韓国人が関わる事件は2割を超えます。

    記者がソウルの貴金属店街を訪ねると「この街の人の密輸はお手伝い程度だ」「生計のための人は大目に見てほしい」と話す業者たちがいました。

    本来、日本に納められるはずの消費税が奪われ、犯罪組織の資金源になっている可能性も指摘されていますが、罪の意識が薄い実態が見えてきました。(朝日新聞西部報道センター記者、一條優太)

    貴金属業者「韓国人ばかりチェックされる」

    ソウルの貴金属店街・鍾路(チョンノ)。曲がりくねった路地に二千~三千もの貴金属店がひしめく。金塊の売買をする店や貴金属を加工する作業所も多い。
     
    日本への金塊密輸の取材で聞き込みをすると、Tシャツ姿の貴金属業の男性(52)に「取材の報酬はあるのか」と聞かれた。

    支払えないと答えると「代わりに『あまり韓国人を捕まえないで』と書いてくれ」「2~3年前、この辺の知り合いの貴金属業者らのグループはたくさん密輸をしていた」とまくし立てた。

    この男性によると、金塊の元値を100とした場合、航空機で密輸した金塊を日本で106で販売し、6が粗利となった。「難しいことではなかった。以前は日本の税関のチェックが甘く、10回、20回密輸しても捕まらなかった」

    最近は韓国人へのチェックが厳しくなり、5回ほどで発覚するようになった。信用できる運搬役の手配も容易ではなく、金塊の持ち逃げも起きた。収支が合わず、多くの人が撤退。「韓国人ばかりチェックされ、中国人やタイ人の密輸は素通りだ」と不満を言う。

    「全容を語れる人は表に出ない」

    語り口からは全く罪悪感がない。「生計を立てるために密輸をする人もいる。大きな組織の密輸は捕まえてもいいが、生計のための人は大目に見てもらいたい」。「密輸に関わっていたんですか」と聞くと「やっていない」と否定した。

    今年5月、韓国で話題になった事件があった。福岡空港に運ばれる予定だった金塊29個(29キロ、1億3千万円相当)を関西空港に持ち逃げしたとして、韓国人の男ら9人が逮捕された。仁川空港警察隊によると、容疑者らは「暴力団に1億円で売った」と供述した。

    各国の組織の影がちらつく金塊の密輸。韓国大手の金取引業者も「密輸には日本の巨大資金がかかわっている」という見方を示す。

    貴金属関連業の男性(59)は「この街の人が密輸すると言っても、せいぜいお手伝い程度の規模でしかない。大きな組織に属し、密輸の全容を正確に語れる立場の人物は、決して表には出てこない」と語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13466797/

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/7/47dc8_1446_928b3aed_1e3d8a51.jpg

    鍾路の貴金属店街。狭い路地に店が立ち並ぶ=韓国・ソウル、一條優太撮影


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502589241
    【【韓国】日本で相次ぐ金塊の密輸事件 「あまり韓国人を捕まえないで」「大目に見て」 罪悪感ない業者】の続きを読む

    1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 09:19:39.47 ID:CAP_USER.net

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は公共部門を通じた雇用の大幅な拡大を約束した。ただしこれは税金を使うため、実は経済の「善の循環」にはさほど貢献しない。雇用の創出は主に企業が担い、それを後押しする景気の活性化がこれに伴わねばならない。

    また第4次産業革命の時代には新しいパラダイムが必要であり、雇用の創出にも革新的な考え方が必要だ。その一つとして韓日海底トンネルの建設を提案したい。

    韓日トンネルが建設されれば、まず天文学的な雇用が生み出されるだろう。また釜山発展研究院によると、建設業で13兆ウォン(約1兆3000億円)、建設資材の分野で13兆ウォン、卸小売りとサービス業4兆ウォン(約4000億円)、皮革や化学の分野で4兆ウォン、産業用機械1兆ウォン(約1000億円)など、韓国側の経済効果は合わせて54兆ウォン(約5兆4000億円)に達すると見込まれている。

    これに加えて45万人分の雇用拡大効果も期待できる。建設業界も2020年の時点で大きな収益が期待される事業の1位として韓日トンネル、2位に韓中トンネル、3位にセマングム事業(全羅北道の干潟干拓事業)を上げている。

    韓日トンネルには2次的な効果も大きい。まず東北アジアにインフラネットワークが構築され、韓国、中国、日本をひとまとめにした域内の交易活性化が期待されるだろう。一方で韓日トンネルは一部で懸念されている日本の大陸進出の基盤にはならず、むしろ韓半島(朝鮮半島)がユーラシアの交通ハブに変貌する大きなきっかけになるだろう。

    1億2000万人の人口を持つ日本が内需に組み込まれる効果も大きいはずだ。閉鎖的、敗北的思考にいつまでもとらわれているわけにはいかない。韓国がスーパーハブとなるにはプラットフォームを掌握しなければならず、その一つが韓日トンネルだ。今から未来に向けた第一歩を踏み出せば、これは現政権の大きな業績として記録されるだろう。


    2017/08/13 06:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/11/2017081101158.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502583579
    【【朝鮮日報】韓日海底トンネルで雇用を生み出せ=世界平和トンネル財団諮問委員】の続きを読む

    このページのトップヘ