在日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/25(土) 10:23:41 ID:CAP_USER.net

    ●日本国籍の私は韓国で排除され、在日2世の母に近づけた気がした
    コロナ対策に立ちはだかる「国籍」。「芸術」への理解。日本も韓国もまだまだだ
    藏重優姫 / 韓国舞踊講師、日本語講師
    2020年04月25日


     『日韓境界人のつぶやき』として、コロナ生活に関しては、今回が第4弾となる。

     日本も韓国も「コロナ19事態」では、社会的・経済的格差や、医療機関の脆弱な部分など、色んなものが露呈してきている。何事も「国家」「国籍」を前提に決められてしまうと、「またか…」とうなだれてしまう。国家がある限り、国籍は絶対的で根底的な決定条件になってしまい、それゆえ、即、外国籍の者は除外される。

     ――当たり前だよ。外国籍なんだから。自分の国に守ってもらえば? 

     と言う人もいるだろう。

     ――じゃあ、そのあなたが持っている国籍は自分が選んで、または、自分の力で勝ち取ったものですか? 偶然その国に生まれたからじゃないの? 

     と、言いたい。

     だから、出自(出身)で差別することは不平等なのだ。運も実力のうちというが、出自(出身)に関しては問題をはき違えている。


    ●在日2世の母の胸中

     外国人を含めるかどうかの対象者に関する文言は一転二転した。初めは「韓国籍に限る」と発表され、その後「内国人に限り」という言葉に変わった。

     しかし、詳細が公式に発表された時、結局、居住外国人は「内国人」の範疇に入らなかった。日本国籍の私は、やっぱり除外された。腹が立った。

     私は、日本でも支援金は貰えない。長期海外滞在を見越しているので、日本の住民表は抜いて来ている。

     だいたい「内国人」という言葉自体、無神経で無知識だ! と一瞬頭によぎるものの、「内国人」という言葉は、韓国「内」に住んでいる者という事か? と一抹の希望を私に抱かせた。馬の鼻先に垂らされたニンジンのようだった。

     しかし、それが裏切られたお陰で、昔、色々排除されたことなども思い出され、複雑だった(『日韓境界人が見たコロナ対策「日韓格差」』参照)

     自分のアイデンティティについて、韓国人か? 日本人か? 「在日」か? の民族的カテゴリーによって、他人から振り回されることは もう慣れっこだが、今回、大きく違う事は、国籍でばっさり切り捨てられたことだった(『日本人よ、韓国人よ、在日コリアンよ、私は私だ!』参照)。

     振り返ると、私の在日2世の母も、親戚のほとんども、常に制度的排除を経験してきた。幼いころから、悔しい体験や不条理だと感じている母の気持ちは痛いほどよく分かり、一心同体のように思っていたが、日本国籍の私と韓国籍の母には、絶対的な権利の違いがあった。だから、大好きな母と一緒になりたくて「韓国籍にかえる!」と言って母の表情を曇らせたこともあった。

     今回、ヘンな話だが、国籍で排除されたことによって、少し、母に近づけた気がした。こういう思いの積み重ねを在日はして来たんだと。

    朝日新聞:論座
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020042200001.html?page=2


    ●プロフィール
    日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1587777821
    【【在日】日韓境界人「外国籍だから自分の国に守ってもらえば?と言う人もいるが、あなたが持つ国籍は自分の力で勝ち取ったものですか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/25(土) 10:23:41 ID:CAP_USER.net

    ●日本国籍の私は韓国で排除され、在日2世の母に近づけた気がした
    コロナ対策に立ちはだかる「国籍」。「芸術」への理解。日本も韓国もまだまだだ
    藏重優姫 / 韓国舞踊講師、日本語講師
    2020年04月25日


     『日韓境界人のつぶやき』として、コロナ生活に関しては、今回が第4弾となる。

     日本も韓国も「コロナ19事態」では、社会的・経済的格差や、医療機関の脆弱な部分など、色んなものが露呈してきている。何事も「国家」「国籍」を前提に決められてしまうと、「またか…」とうなだれてしまう。国家がある限り、国籍は絶対的で根底的な決定条件になってしまい、それゆえ、即、外国籍の者は除外される。

     ――当たり前だよ。外国籍なんだから。自分の国に守ってもらえば? 

     と言う人もいるだろう。

     ――じゃあ、そのあなたが持っている国籍は自分が選んで、または、自分の力で勝ち取ったものですか? 偶然その国に生まれたからじゃないの? 

     と、言いたい。

     だから、出自(出身)で差別することは不平等なのだ。運も実力のうちというが、出自(出身)に関しては問題をはき違えている。


    ●在日2世の母の胸中

     外国人を含めるかどうかの対象者に関する文言は一転二転した。初めは「韓国籍に限る」と発表され、その後「内国人に限り」という言葉に変わった。

     しかし、詳細が公式に発表された時、結局、居住外国人は「内国人」の範疇に入らなかった。日本国籍の私は、やっぱり除外された。腹が立った。

     私は、日本でも支援金は貰えない。長期海外滞在を見越しているので、日本の住民表は抜いて来ている。

     だいたい「内国人」という言葉自体、無神経で無知識だ! と一瞬頭によぎるものの、「内国人」という言葉は、韓国「内」に住んでいる者という事か? と一抹の希望を私に抱かせた。馬の鼻先に垂らされたニンジンのようだった。

     しかし、それが裏切られたお陰で、昔、色々排除されたことなども思い出され、複雑だった(『日韓境界人が見たコロナ対策「日韓格差」』参照)

     自分のアイデンティティについて、韓国人か? 日本人か? 「在日」か? の民族的カテゴリーによって、他人から振り回されることは もう慣れっこだが、今回、大きく違う事は、国籍でばっさり切り捨てられたことだった(『日本人よ、韓国人よ、在日コリアンよ、私は私だ!』参照)。

     振り返ると、私の在日2世の母も、親戚のほとんども、常に制度的排除を経験してきた。幼いころから、悔しい体験や不条理だと感じている母の気持ちは痛いほどよく分かり、一心同体のように思っていたが、日本国籍の私と韓国籍の母には、絶対的な権利の違いがあった。だから、大好きな母と一緒になりたくて「韓国籍にかえる!」と言って母の表情を曇らせたこともあった。

     今回、ヘンな話だが、国籍で排除されたことによって、少し、母に近づけた気がした。こういう思いの積み重ねを在日はして来たんだと。

    朝日新聞:論座
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020042200001.html?page=2


    ●プロフィール
    日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1587777821
    【【在日】日韓境界人「外国籍だから自分の国に守ってもらえば?と言う人もいるが、あなたが持つ国籍は自分の力で勝ち取ったものですか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/18(土) 22:26:02 ID:CAP_USER.net

    “差別の種まいた”――マスク配布除外、学校関係者がさいたま市に謝罪と再発防止を強く要求

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、さいたま市が3月9日から市内の幼稚園、保育園の職員向けに備蓄マスクを配布したものの、同市に所在する埼玉朝鮮幼稚園は対象から漏れていたことが判明した。市職員の回答で事態を差別問題と認識した同胞、日本の有志たちは連日にわたって抗議と要請を重ね、さいたま市による謝罪と再発防止を強く求めた。


    ●「気持ちわかる」関係どこへ

    問題が発覚したのは3月10日。埼玉朝鮮幼稚園の朴洋子園長が備蓄マスクの配布について市へ問い合わせたところ、担当課である子どもみらい局の職員から「朝鮮幼稚園がさいたま市の指導監督施設に該当しないため、マスクが不適切に使用された場合、指導できない」との理由で配布はしないと回答を受けた。

    翌11日、埼玉朝鮮学園の関係者、保護者ほか、在日本朝鮮人人権協会の金奉吉会長や同胞弁護士らがさいたま市役所を訪問。マスクを配布しないとの判断が「人権上、また人道上も到底看過できない許し難い行為」として、緊急の抗議行動を実施した。


    翌日も引き続き同関係者、地域同胞ら30余人がさいたま市役所に駆けつけ、清水勇人・さいたま市長への要請文を伝達した後、当事者が次々と発言した。

    埼玉朝鮮幼稚園保護者連絡会の共同代表を務める尹致力さん(38)は「この問題をSNSで見て、すぐに課長さんの顔が浮かんだんですよ」と担当者の顔を見据えた。

    「課長さんは前に幼保無償化の問題でも1時間くらいお話しして、私たちの気持ちも分かりますと言ってくれたじゃないですか。『そういえば朝鮮学校があったな』と、忘れていたとしても『この子たちにも感染のリスクがある』と何で思わないのかなって。やっぱりさいたま市は朝鮮学校のことを差別してるな、根底にはそれがあるなと思ったんですよ」と怒りを伝えた。

    月刊イオ
    https://www.io-web.net/2020/05/tokubetu-5/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1587216362
    【【マスク配布除外】在日コリアンが怒り「やっぱり、さいたま市は朝鮮学校を差別してるな、根底にはそれがあると思ったんですよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/15(水) 22:42:50 ID:CAP_USER.net

    民団が公明党に要望

    呂健二中央本部団長は6日、公明党の山口那津男代表宛てに、武漢コロナウイルスの支援策から在日外国人住民が除外されないよう求める要望書を提出した。 呂団長は、武漢コロナウイルスの影響で在日同胞の事業者や生活にも甚大な被害が出ているとして、「在日韓国人は納税の義務も果たしており、市民としての役割を担っている」などと語った。

    対応した高木美智代衆院議員は「自民党の一部議員からは給付を日本国民に限定すべきとの意見もあったが、皆様をはじめとする日本に居住している外国人も対象となることを確認した」と説明し、「皆さんの意見をしっかり受け止め、全業種対象になるよう働きかけていく」と語った。

    また、呂健二中央本部団長は8日、前日の緊急事態宣言と関連して、「ウイルス感染拡大により同胞社会の活力が失われないよう、今後も責任ある活動を維持しながら、皆さんの暮らしを守り、同胞の経済活動をお支えしていくために全力を尽くしていく」など、健康管理・衛生管理に留意するよう呼びかける談話文を発表した。これと連動して民団中央は、いまだ品薄が続くマスクを5万枚確保しており、4月中旬には地方本部・支部を通じて全団員へ配布する予定だ。

    統一日報
    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=87290&thread=04


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586958170
    【【話題】韓国民団、公明党に要望「在日は納税義務を果たし、市民としての役割を担っている。コロナ支援策から除外しないよう求める」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/16(Thu) 19:33:24 ID:CAP_USER.net

    新型コロナウイルスが世界各地で猛威を振るっている。感染が広がる日本で、現在ウイルス同様に深刻な問題となっているのは、差別や偏見、風評被害である。

    悪質なデマや発信力のある人々の無責任な発言、そしてそれらのファクトを確認することもなく拡散するメディアの存在―。

    なかでも近年、台風や地震など自然災害による非常時には、必ずといっていいほど、外国人をはじめ社会的マイノリティへの排斥の風潮が流れている。

    今回のコロナウイルスと関連しても「中国人はゴミだ」「日本から出ていけ」などといった中傷が早い段階で問題になったが、これはまるで、流言飛語により数多くの同胞が虐殺された関東大震災時を彷彿とさせる危険な兆候にほかならない。

    新型コロナウイルスが招いた新たな問題/非常時の差別、偏見と風評被害
    https://www.chosonsinbo.com/jp/2020/04/hj200416-1/
    朝鮮新報


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1587033204
    【【国内】在日朝鮮人「コロナに関連し『日本から出ていけ』などといった中傷…日本は関東大震災時を彷彿とさせる危険な兆候だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:新種のホケモン ★:2020/04/16(Thu) 16:23:39 ID:CAP_USER.net

    【ソウル聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)は、在日同胞の小学生たちが母国・韓国を訪れて歴史と文化を体験し、自らのルーツについて学ぶ研修プログラム「2020在日同胞オリニ(子ども)ジャンボリー」を7月31~8月4日に実施する。

     韓民族としての自負心や帰属意識を養うためのプログラムで、小学校4~6年生300人が参加予定。韓国滞在中はソウルの名所や遺跡巡り、伝統文化体験、在日同胞の歴史に関する講義の受講などを予定する。

     参加申し込みは民団のホームページ(http://mindan.org)で5月30日まで受け付ける。

    Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95eae2cfcb2149908ec6a79100ca542acce81298

    4/16(木) 16:09


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1587021819
    【【聯合ニュース】在日同胞の小学生が夏に韓国訪問 母国の歴史や文化体験 「2020在日同胞子どもジャンボリー」7月31~8月4日】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/15(水) 22:42:50 ID:CAP_USER.net

    民団が公明党に要望

    呂健二中央本部団長は6日、公明党の山口那津男代表宛てに、武漢コロナウイルスの支援策から在日外国人住民が除外されないよう求める要望書を提出した。 呂団長は、武漢コロナウイルスの影響で在日同胞の事業者や生活にも甚大な被害が出ているとして、「在日韓国人は納税の義務も果たしており、市民としての役割を担っている」などと語った。

    対応した高木美智代衆院議員は「自民党の一部議員からは給付を日本国民に限定すべきとの意見もあったが、皆様をはじめとする日本に居住している外国人も対象となることを確認した」と説明し、「皆さんの意見をしっかり受け止め、全業種対象になるよう働きかけていく」と語った。

    また、呂健二中央本部団長は8日、前日の緊急事態宣言と関連して、「ウイルス感染拡大により同胞社会の活力が失われないよう、今後も責任ある活動を維持しながら、皆さんの暮らしを守り、同胞の経済活動をお支えしていくために全力を尽くしていく」など、健康管理・衛生管理に留意するよう呼びかける談話文を発表した。これと連動して民団中央は、いまだ品薄が続くマスクを5万枚確保しており、4月中旬には地方本部・支部を通じて全団員へ配布する予定だ。

    統一日報
    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=87290&thread=04


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586958170
    【【話題】韓国民団、公明党に要望「在日は納税義務を果たし、市民としての役割を担っている。コロナ支援策から除外しないよう求める」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:新種のホケモン ★:2020/04/14(火) 11:07:55 ID:CAP_USER.net

    日本国内の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者数が急増しながら、関連記事に反日コメントが列をなしている。「地獄の門が開かれた。1万人突破は時間の問題」「絶対に助けてはいけない」--背筋が寒くなるような内容ばかりだ。2011年東日本大震災の時に560億ウォン(現レートで約49億5000万円)以上の寄付を集めた韓国人の性格がなぜここまで殺伐とするようになったのか。

    5年後の2016年、熊本に強震が襲ったが、日本を助けようという声がかき消されたことがある。大震災以降、韓日間で大きくなった慰安婦・独島(トクド、日本名・竹島)葛藤のためだった。すると慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)・吉元玉(キル・ウォンオク)さんが寄付130万ウォンを出してこう訴えた。「私たちの相手は(安倍)政府であって、日本人と戦っているのではない。助けよう」と。

    日本国内の新型コロナの感染拡大を心配しなければならないのは人道主義のためだけではない。在日同胞だけで60万人、日本への留学生も1万7000人になる。一方ではコロナで日本経済が消える場合、韓国側が反射利益を得るだろうという期待もあるようだ。日本企業が路頭に迷えば、ライバルの韓国会社側が海外占有率が高まるという論理だ。だが、他の外国にも競争者が山程いる世の中だ。日本の分をすべて韓国会社が占めることができるという保障はない。

    かえって日本の深刻な沈滞によって韓国経済がかぶる被害から心配するほうが正しい。最大の悩みは半導体・ディスプレー・化学製品など多くの戦略品目の核心材料・部品が依然として日本製だという点だ。部品を納品していた日本メーカーが止まってしまえば、これらの品目はもちろん、水素車・人工知能(AI)・バッテリーなど未来主要産業も決定的な打撃を受けるほかはない。

    それだけではない。庶民の最後の資金調達処である貸金業界では大手は日系企業が占める。2018年末基準として17兆3000余億ウォンに達する貸金業者の貸付金のうちおよそ4割の6兆6000余億ウォンが日系だった。日本の金脈が乾けば、貸金業者が国内の資金を回収していくのは目に見えている。庶民のいざというときの金策窓口まで閉じてしまうことになる。コロナ拡大に伴う日本経済の麻ひは、韓国にとって朗報ではなく悲報ということだ。

    今月10日、米国の著名なシンクタンクの一つ「米外交問題評議会(CFR)」は注目すべきシンポジウムを開いた。「コロナの地政学:日本と韓国」という主題で両国の対応策と両国関係を振り返る場だった。この日、最も心に響いた部分は「両国が協力することを国際社会が願っている」というCFRのシーラ・スミス博士の要請だった。スミス氏は「韓国と日本は最初にコロナと接した民主国家で、今でも最前線で戦っている」と説明した。あわせて「多くの経験を積んだ両国の専門家が力を合わせれば重要な成果を出すことができる」と期待した。

    今月8日、イエメンでは親イラン指向のフーシ反乱軍と戦ってきたサウジアラビア中心のアラブ連合軍が休戦を宣言した。コロナのためだった。歴史的に深刻な伝染病が広がれば、戦争もストップするのが通例だ。1350年百年戦争中だった英国とフランスが武器を下ろしたのもペストのためだった。

    このように韓国と日本がこれまでどのような葛藤を繰り広げてこようが、今は戦いをやめる時だ。安倍政府が初期対応に失敗して感染者が急増しているが、日本は間違いなく基礎医学先進国だ。2012年以降、ノーベル生理学・医学賞受賞者を4人も輩出している。10日にはコロナで需要が急増したエクモ(ECMO、体外式膜型人工肺)の携帯用モデルが大阪で公開された。

    今、世界の目はコロナを初期に体験した北東アジアに集まっている。この地域で何らかの解決法が見つかるように願う世界中の人々の期待が切実だ。だから政府が率先して韓日専門家が協力し合えるように道を開かなければならない。

    最近、マダガスカル・カメルーン・ケニア・フィリピンなどに閉じ込められた韓国海外同胞を帰国させるために飛ばしたチャーター便に日本人を乗せたことは大乗的にいいことだった。どのような理由であれ、年間1000万人以上が行き来した隣国が伝染病の巣窟に変わるのは不幸なことこの上ない。

    ナム・ジョンホ/論説委員
    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000022-cnippou-kr

    4/14(火) 10:53配信


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586830075
    【【中央日報】日本のコロナ感染拡大、喜ぶことか 在日同胞だけで60万人、日本への留学生も1万7000人 今は戦いをやめる時】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/12(日) 15:56:54 ID:CAP_USER.net

     フランドル地方(現在のベルギー)の画家、ピーテル・ブリューゲル(1525年? -1569年)に「死の勝利」と題する大作がある。制作年は1562年頃と推定されている。マドリードのプラド美術館に所蔵されている。

     「死」の軍勢は容赦なく人間たちに襲いかかり、その猛威の前に王侯も高僧もなすすべがない。遠くでは火山が噴火し塔が燃え上がり、海上では船が燃え沈没している。丘の上では、様々な方法で人々が処刑されている。ここに描かれている世界は果たして500年前のものなのか、それともいま私たちが生きているこの世界なのか。このところ、私の脳裏にはこの絵の映像が貼り付いている。そして、人間社会はついに良くならなかったという思いがしきりにする。

     この原稿を書いている今日は4月1日である。日本では新しい年度の始まる日で、通常なら各学校では入学式、会社では入社式が行われる。しかし、今年は社会全体を重苦しい不安感が覆っている。私の勤務先の大学では入学式が中止になった。いうまでもなく「新型コロナ感染症」騒動のためである。本日の時点で、全世界の感染者数は74万人を超え、死亡者数も3万6千人を超えた。日本では感染者数2千人あまり、死亡者数57名だが、この数は今後急速に増えていくことが避けられないだろう。

     感染の大蔓延と医療崩壊による集団的「パニック」が全世界で進行中である。ニューヨークや、イタリア、スペインなどの惨状は衝撃的だ。ローマやパリの都市風景は私にはなじみ深いものだが、いまはどこも無人である。スペインでは葬式が禁止された。インターネット上には、ニューヨークのある病院から収容しきれない遺体を冷蔵設備付きの大型トラックに搬入している動画が上がっていた。「撮影している人物の手が震えている、彼は泣いている」というコメント付きで。まさにルネサンス時代のペスト禍そのものを目の当たりにしているようだ。

     14世紀中頃にヨーロッパ全土をペストが席巻した。有効な治療法もなく、現世のいかなる地位・武力・富も意味を成さず、あらゆる階級の人々が死んでいく情勢の中から、「メメント・モリ」(死を記憶せよ)の警句が言い習わされるようになった。だが、ブリューゲルの傑作は、ただ自然災害としての疫病を描いているだけではない。それは、戦争の暗喩である。当時のフランドルはスペイン・ハプスブルグ家の支配下にあり、強国による争奪戦の戦場でもあった。いつでも災害や疫病は単独で人を襲うのではない。その痛苦や悲劇を、人間そのものが倍加させるのだ。災害には戦争が従いて来るのである。

     私はこの4、5、6月にそれぞれ一回ずつ、シンポジウムや講演のため韓国に出かける予定だったが、それもすべてキャンセルになった。そのうち5月は、私が諮問委員を務める毎年インチョンで行われるディアスポラ映画祭だった。映画祭を前に実行委員会からの要請で、若い世代の知識人である이종찬先生と、ニュースレターへの公開を前提に書信交換を行った。2月初めにイ・ジョンチャン先生から受け取った第1信のタイトルは「マスクで平等になった社会」というものだった。この興味深いタイトルに触発されて、私は2月25日に返信を書いた。

     イ・ジョンチャン先生の比喩に倣えば、私たちがいま見ているのは地球上の人類すべてがマスクをつけて、滅んでいく姿である。「平等化」と言うものの、日本ではそのマスクすらも入手できないケースが続出している。日本の安倍総理は昨日、自らマスクをつけて国会で答弁し、国民全世帯に再利用可能な布製マスクを2枚ずつ配布すると発言した。マスク2枚!これが、この危機を前にした日本政府の「前例にとらわれない」「思い切った」施策の目玉だというのだ。冗談だと思いたいが、残念ながらそうではない。

     今後は弱者が医療も満足に受けられない不平等がますます拡散するだろう。手を洗う水すら不足しているアフリカなど発展途上国の人々が襲われることになる災厄を想像してみよう。豪華客船が沈没するとき、乗客たちは平等に犠牲になるのではなく、救命ボートにいち早く乗れる1等船客と、船底に閉じ込められている3等船客とは不平等に犠牲になっていくのだ。

    >>2に続く

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/36305.html
    [寄稿]「死の勝利」

    徐京植(ソ・ギョンシク) 東京経済大学教授(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    2 名前:鴉 ★:2020/04/12(日) 15:57:11 ID:CAP_USER.net

     後日になって、ああそんなこともあったなと振り返る日が来るのか、それとも、あれがさらなる大災厄の序章だったと思い知るのか、予測しがたい。「大災厄」というのは疫病だけを指しているのではない、この混乱の中から自己中心主義と不寛容の気分が蔓延し、ファシズムが台頭するといった事態を指している。すでにハンガリーなど権威主義的な政権の支配する東欧諸国では、そのような不吉な兆候があらわになっている。


     日本では民主的な諸手続きや人権の原則が非常時対応の妨げになっているという本末転倒した議論が起こっている。安倍首相は、数々の非理や不正の責任を取って辞任すべきだという批判に対して、コロナ対策に注力しているので政権を投げ出す考えはないと、答えている。災害や疫病までも権力の延命に利用しようという、あまりにも露骨な態度表明である。
     
    政府が支給を検討している生活支援金の対象から「外国人」を除外せよと訴える国会議員がいる。「外国人」も納税者であり、社会の不可欠な構成部分であるのに。生活保護受給者も除外せよとツイッターで発信する「作家」がおり、それに対して10万件ほどの「いいね」が寄せられる。こういう時には、わかりやすい差別であればあるほど支持を得るものなのだ。このような政治、このような人々こそが、疫病に勝るとも劣らぬ災いである。

    疫病や自然災害によって人間は生活や命を奪われるが、実のところは、人間は人間によって殺されるのだ。利益や権力に取り憑かれた人間たちによって。そして、思考停止したまま、その事態を傍観している人間たちによって。東京オリンピック1年延長という非合理で危険な選択が日本社会では歓迎されているように見えることは、まさにこの好例だ。
     ブリューゲルの「死の勝利」は、500年以上前から、人間が進歩していないことを教えてくれる。「死」は勝利するだろう、「死」には抗えないと私は思っている。だが、「死」には抗えなくとも、人間の「不義」には最後まで抗うつもりだ。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586674614
    【【在日】ソ教授「支給検討の生活支援金対象から外国人を除外せよと訴える国会議員がいる。外国人も社会の不可欠な構成部分なのに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2020/04/09(Thu) 18:02:46 ID:CAP_USER.net

    李龍徳さん「あなたが私を竹槍で突き殺す前に」 インタビュー 時代に書かされた「ヘイト」の国 


    「嫌韓」覆う近未来日本 多様な在日の姿から

     「排外主義者たちの夢は叶(かな)った」という衝撃的な一文で物語は始まる。近未来の日本で、初の女性首相は「嫌韓」で支持を集め、特別永住者制度の廃止やヘイトスピーチをなくす法律の撤廃など排外政策を進める。「在日狩り」「愛国無罪」という言葉が乱れ飛ぶ。

     「在日の生保(生活保護)は廃止しろとか、ネットのコメント欄に書き込まれている。はいはいその夢かなえましょう、かなえたらどうなるかお見せしましょう、と皮肉を込めて夢という言葉を使いました」


     悪質な書き込みは嫌でも目に入る。「そこから養分取らないと」と少し笑って、言葉は再び厳しくなる。「韓国系のニュースは平和な記事でも芸能でもヘイトがついてくる。うんざりする。僕の中でそれが積み重なっていく。なぜ規制しないのか。何もしないでいるあなたたちの手も血で汚れているよと思っています」


     韓国人の父と日本人の母を持つ主人公の柏木太一は、在日韓国人の生存権を守るため、ひそかに計画を立てている。武闘派の尹信(ユンシン)はアメリカ育ち。かつての仲間、朴梨花(パク・イファ)は日本を捨てて韓国に渡った。妹をヘイトクライムで殺された金泰守(キム・テス)。在日韓国人の多様な登場人物にそれぞれの思いを吐き出させてゆく。「身近に在日の人がいなければ彼らが何を考えているか具体的にわからないかもしれない。十把一絡げに見ると陰謀論や恐怖心が生まれてくる。帰化するかしないか、なぜしないか、いろいろな考えがある。様々な在日韓国人の姿を見せたかった」

     物語は圧倒的な迫力を持って絶望へと突き進む。「差別はなくならない。人類の永遠のテーマです。物語で安易な道を選んではいけない。生きている限り、闘いなのだから」

     小説が好きだから、物語の突破力を信じている。「書店にはこの本をヘイト本の隣に置いてほしいと思ってるんですよ。冗談半分、本気半分。売り上げのために、どうしてもヘイト本を置かざるを得ないのなら、とりあえず面白いからって一緒に並べてください。間違って手に取っていただいてそれで構わないから」(中村真理子)
    https://book.asahi.com/article/13268123


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586422966
    【【在日】『私を竹槍で突き殺す前に』著者の李さん「なぜヘイトを規制しないのか。何もしないあなたたちの手も血で汚れてるよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ