慰安婦

    1 名前:蚯蚓φ ★:2011/12/11(日) 15:52:16.62 ID:???


    http://img.khan.co.kr/news/2011/12/09/20111210.01300102000003.02M.jpg


    日本軍慰安婦被害おばあさんたちと韓国挺身隊問題対策協議会は来る14日、ソウル鍾路区中
    学洞の駐韓日本大使館の前で水曜デモ1000回をむかえ平和碑を除幕する。

    少女の形を黄土で作った平和碑は慰安婦問題に対する責任を認めない日本政府に向けた小さな
    抗議の表示だ。日本政府は平和碑建設に非常に敏感に反応している。

    藤村修日本官房長官は8日の記者会見で平和碑設置をめぐり「望ましくないと考える。石碑の設
    置が日・韓外交活動に否定的な影響を与えてはいけない」と話した。武藤正敏駐韓大使は先月25
    日パク・ソクファン外交通商部1次官を訪ね「韓国政府が平和碑の建設を断念させて欲しい」とし、
    もしたてても他の所にたてるようにしてくれと要請した。

    ウィーン協約22条2項により各国は自国内の他国外交施設の安全と品位維持に協力する義務
    があるということだ。外交‘チャネル’の任務を全うしなければならない外交部はこれを鍾路区庁な
    ど関係機関に伝えた。

    だが、外交部も日本側の主張に説得力が弱いことをよく知っている。外交部関係者は「懸案の本
    質を見れば日本の要請が説得力を得ることはできない。日本が被害当事者らに責任を負うという
    姿勢を取ったら平和碑建設もなかっただろう」と話した。

    日本はどんな国より平和碑という名前の記念碑をたくさんたてた国だ。特に広島・長崎に平和碑
    が集中している。だが、原爆ほどの戦争の惨状を60年余りが過ぎて証言しているのはすなわち軍
    隊慰安婦被害おばあさんたちだという点も忘れないで欲しいと思う。

    ソース:京郷新聞(韓国語) [記者メモ]慰安婦平和碑に‘品位’咎める日本
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201112092145375&code=990105


    【【慰安婦問題】 慰安婦平和碑の「品位」問題にする日本~韓国外交部「日本が責任を取れば建つこともなかった」】の続きを読む

    1 名前:HONEY MILKφ ★:2011/12/10(土) 13:39:01.65 ID:???

    (写真)
    http://mytown.asahi.com/fukuoka/k_img_render.php?k_id=41000001112100005&o_id=10992&type=kiji.jpg

    ▲ ソウルでの抗議集会の様子=2008年8月20日、花房俊雄さん提供

    旧日本軍の元「慰安婦」らが韓国・ソウルの日本大使館前で開いてきた抗議集会が今月
    14日、1千回目を迎える。世界各地でこれに呼応する催しがあり、福岡市でも集会が
    開かれる。

    集会は1992年1月8日から毎週水曜に開かれており、元「慰安婦」の他、市民団体や
    国会議員、学生らが集まり、抗議の声をあげている。

    14日はドイツやオーストラリア、カナダなどで呼応した集会が開かれる。国内では、
    慰安婦への謝罪と補償の実現を目指して結成された市民団体「日本軍『慰安婦』問題
    解決全国行動2010」の呼びかけで、東京で外務省を人間の鎖で囲むイベント、大阪、
    名古屋などで集会がある。福岡では午後0時半から、天神地区の福岡パルコ前、天神
    コア前などで、「慰安婦」の遺影を掲げ黙祷(もく・とう)をした後、リレートーク、チラシ配布、
    パネル展示をする。

    韓国政府が登録した「慰安婦」234人のうち生存者は67人にまで減っている。賠償問題
    は、韓国の憲法裁判所が8月、韓国政府に対し、日本政府と賠償について交渉を求める
    判決を出し、韓国は二国間協議を求めているが、日本は回答を先延ばしにしている。

    「全国行動2010」の共同代表、花房俊雄さんは「性暴力の被害者である『慰安婦』は
    戦後、人々の非難の目を避け、社会の片隅で生きてきた。加害者の日本に罪を認めて、
    自分たちの名誉を回復して欲しいというのが彼女たちの願い。憲法裁判所の判決が
    出て解決の可能性がある時期なので、運動が追い風になってほしい」と話す。問い
    合わせは花房さん(0*0・6291・0*88)。

    ソース:朝日新聞(マイタウン>福岡・北九州)
    http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000001112100005

    【【福岡】ソウル「慰安婦」~福岡でも集会】の続きを読む

    1 名前:もろこしφφ ★:2011/12/08(木) 10:00:39.03 ID:???

     ソウルの日本大使館前の歩道に旧日本軍慰安婦問題を象徴するブロンズの少女像の設置を計画する韓国の民間団体は
    七日、「地元区役所の許可がなくても建てる」と強行する方針を明らかにした。

     道路を管理するソウル市鍾路区は「通行の障害物を許可なく設置すれば道路法違反」と警告。日本大使館は「日韓関係に
    否定的な影響を与えかねない」と韓国側に懸念を伝えている。設置されれば、十七~十八日とされる李明博(イミョンバク)大統領
    の訪日を控え、両国間に摩擦が生じる可能性もある。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011120802000019.html
    写真=7日、ソウルの日本大使館前で、抗議集会を開く元慰安婦ら。手前右のパネルは慰安婦像の完成予想図
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/images/PK2011120802100012_size0.jpg


    関連スレッド
    【慰安婦問題】慰安婦記念碑、挺対協「14日に建立」、ソウル市鍾路区「許可」から一転「許可の権限ない」、政府の公式見解待ち[12/07]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323257361/
    【日韓】日本大使館前に少女像=元慰安婦ら14日に計画★3[12/07]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323265804/

    【【韓国】「慰安婦像、許可がなくても設置する」。韓国の団体が方針…李明博大統領の訪日を控え、両国間に摩擦が生じる可能性も】の続きを読む

    1 名前:忍法帖導入議論中@検討スレ@水道水φ ★:2011/12/07(水) 20:29:21.18 ID:???

    ∞慰安婦記念碑、14日に建立へ 区側「許可」から一転「許可の権限ない」

     【ソウル=加藤達也】日本による朝鮮半島統治時代の元慰安婦を支援する「韓国挺身隊問題対策協
    議会(挺対協)」が、ソウルの在韓日本大使館前の路上に「慰安婦の碑」の建立を計画している問題で、
    挺対協は7日、「14日に建立する」と発表した。一方、道路管理者として「許可」を決めていたソウル市
    鍾(チョン)路(ノ)区は「(建立許可は)権限外」と態度を一変し、可否については韓国政府の公式見解を
    待つ方針だ。建立されれば、李明博大統領の訪日や日韓外交への悪影響が不可避となる。

     挺対協関係者によると、鍾路区当局は6日、挺対協側に「碑の設置許可は区の権限の対象ではない」
    と通知した。にもかかわらず、挺対協は14日の建立を最終決定した。

     碑をめぐっては、鍾路区が8月末に内部審査で「妨げる理由はない」とし「許可」を決定。挺対協側にも
    「問題ない」と口頭で伝えた。しかしその後、区の権限を超えると判断し、外交通商省などに問い合わせた。
    これに対し外交通商省は「碑が設置されれば日本大使館が混乱するのではないか」と非公式に回答した。
    区の判断変更の背景には外交問題化を避けたい韓国側の事情も影響した可能性がある。

     日本側は外交ルートで韓国側に不許可を働きかけてきた。しかし、韓国の憲法裁判所が賠償請求権を
    めぐる韓国政府の努力不足を違憲とする決定を下したほか、反日世論への配慮もあり、政府としては抑制
    する動きを取りづらいようだ。


    ソース:MSN産経ニュース 2011.12.7 19:33
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/kor11120719330003-n1.htm
    画像:ソウルの日本大使館前で抗議集会に参加した元従軍慰安婦の女性ら。手前は設置が計画される「平和の碑」のイメージを描いたパネル=7日(共同)
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/111207/kor11120719330003-p1.jpg


    関連スレ
    【日韓】日本大使館前に少女像=元慰安婦ら14日に計画★2[12/07]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323256181/
    【論説】正論1月号「慰安婦強制連行はなかった」…「朝鮮人女学生をからかうだけで抗議が起こった。強制連行などできるものか」[12/6]★4
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1323185552/

    【【慰安婦問題】慰安婦記念碑、挺対協「14日に建立」、ソウル市鍾路区「許可」から一転「許可の権限ない」、政府の公式見解待ち】の続きを読む

    1 名前:もろこしφφ ★:2011/12/06(火) 09:00:06.11 ID:???

    ■常識で考えればわかること

     韓国の民間団体がソウルの日本大使館前に「従軍慰安婦」の記念碑を建立する計画を韓国政府が承認した。日本では、
    ありもしない慰安婦の強制連行を事実上認める「河野談話」を平成5年に発表した河野洋平氏に桐花大綬章が与えられた。

     慰安婦たちは契約に基づいて商売をしていたにすぎず、その多くは朝鮮の業者によって集められた女性たちだ。しかし、
    宮沢内閣の謝罪と河野談話を根拠に、韓国は官民ともに「慰安婦問題」を外交カードとして利用し続けている。

     朝鮮総督府の事務官として仕え、当時の実情をよく知る大師堂経慰氏は、この問題を憂慮しつつ昨年11月に亡くなった。
    今回「正論」に掲載されたのは昨年8月15日に脱稿した遺稿である。

     ここで大師堂氏は、虚構がいかにでっち上げられ、独り歩きを始めたのかを整理して提示したうえで、自身の体験をもとに
    こう記す。「婦女子の強制連行がなかったと思う根拠の第一は、もしも婦女子の強制連行があったとすれば、その目撃者は
    強制連行された者の何倍もいたはずだし、いかに戦時中であっても大きな抗議運動が展開されて当然であるはずだが、
    目撃証言も抗議運動も一切なかった事実である」

     傍証として大師堂氏は昭和4年の光州事件を取り上げる。日本人中学生が朝鮮人女学生をからかったことが原因で、
    大規模な学生抗議運動が起こったのである。

     からかっただけで学生抗議運動が起こる土地で、婦女子を強制連行したらどうなるか。常識で考えればわかるではないか。

    ソース(MSN産経ニュース)
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/111206/kor11120608190000-n1.htm
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/111206/kor11120608190000-n2.htm
    写真=月刊「正論」1月号
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/111206/kor11120608190000-p1.jpg


    【【論説】正論1月号、「慰安婦強制連行はなかった」…「朝鮮人女学生をからかうだけで抗議が起こった。強制連行などできるものか」】の続きを読む

    1 名前:すばる岩φ ★:2011/12/05(月) 16:21:29.08 ID:???


    - 「個人の賠償請求権は生きている」 外務省北東アジア担当者 -

    http://world.kbs.co.kr/src/images/news/201110/111012_kw_14.jpg


    日本政府は、1965年の日韓協定によって個人の請求権まで消滅したとは見ていないことが分かりました。

    社民党の服部良一衆院議員と日本の市民団体の関係者が先月、慰安婦問題に対する日本政府の対応
    を問うために外務省の北東アジア課の担当者と面談した際の内容が最近公開されましたが、それにより
    ますと、外務省の担当者は、「日韓協定で個人の請求権までなくなったとは見ていない」と述べたという
    ことです。

    この担当者は、慰安婦問題と関連して、違法行為による損害賠償請求は法律的にまだ解決されておらず、
    請求権は生きていると指摘したということです。

    ただ、この担当者は、請求権が生きていることが、日本政府に賠償する義務があることを意味するのでは
    ないと述べたということです。

    これまで、この問題と関連した日本の裁判では、日韓協定で個人の賠償請求権を含めてすべて消滅した
    という趣旨の判決が出ていましたが、日本政府の関係者が個人の賠償請求権は生きているという見方を示し、
    関心が寄せられています。

    ソース : KBS 入力 2011-12-05 12:10:32
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=41654
    関連スレ :
    【韓国】 大韓民国政府、国連軍のため慰安所運営~売春婦が外貨獲得政策の担い手だった[11/26]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1322320631/
    【正論】「韓国よ、いい加減にせんか」~危険水位を超えた『慰安婦』対日諜略★2[11/15]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1321333019/
    【日韓】「日韓議員での慰安婦問題の論議が必要」~韓国挺身隊問題対策協議会[11/26]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1322268888/
    その他

    【【日韓】「慰安婦問題、個人の賠償請求権は生きている」 日本外務省・北東アジア担当者】の続きを読む

    1 名前:蚯蚓φ ★:2011/12/04(日) 11:29:27.37 ID:???


    http://dc.christianitydaily.com/files/cg/cg_20111202063457_kim.jpg

    ▲ワシントン地域挺身隊問題対策委員会第19次例年総会

    ワシントン地域の挺身隊問題対策委員会(以下、挺対委)第19次例年総会が1日午後6時30分
    ウレオク・コリアン・レストランで開催された。

    総会では日本軍慰安婦(挺身隊)追悼碑建設推進案を上程、通過し、これまで1年だった会長の任
    期を2年に増やす改正案を決議した。特に12月14日(水)午前11時30分から駐米日本大使館
    で行う「挺対委第1000次世界連帯水曜デモ」への出席を促した。
    (中略:式の様子)

    http://dc.christianitydaily.com/files/cg/cg_20111202063457_200mark.jpg

    ▲基調演説しているマーク・キム議員

    この日、基調演説したマーク・キム、バージニア下院議員は「挺対委が過去20年余り、大胆な発
    展を成し遂げたことをお祝いする。しかし、これは始まりに過ぎない」として「米国のことわざに‘勝
    利した者が歴史を書く(Victor writes history)’というのがある。米国で韓人は少数民族としてまだ
    勝利者の席には至っていなかったと見る。私たちの話を記録できる状況に至らなかったということ
    だ。歴史を記録しようとするなら勝利者にならなければならない。主人の席で私たちの要求を晴れ
    て主張する段階まで進まなければならない」と強調した。

    彼は「今からまた20年がすぎて挺対委40周年になった時、慰安婦おばあさんたちは大部分この
    土地にいらっしゃらないだろうし、この席にいるみなさんも多分D.C.でない他の所にいらっしゃる可
    能性が高い。それなら誰がこれらの話を記録して活動を継続するのだろうか?」と質問し「米国が
    認めるお客さんではない‘主人’として堂々と歴史を記録する韓人になるよう願う」と語った。

    1992年12月ワシントン地域韓人教会で発足したワシントン挺対委は米議会を中心に活発な運動
    をしてきたし1998年6月米国会で日本軍慰安婦問題写真展示会を開催、国会議員たちの関心を
    集めた。また、2007年7月、日本軍慰安婦問題決議案HR121を通過に導いた貢献団体だ。

    2010年にはオバマ大統領に‘生存78人の慰安婦おばあさんたちが署名してきた手紙’を送り、日
    本の正式謝罪と補償を促して欲しいという手紙を送り、挺身隊問題解決のための韓国国会議員
    の会が集めた50万署名を日本国会に伝達するなど声をあげることもした。

    http://dc.christianitydaily.com/files/cg/cg_20111202064124_110.jpg

    ▲この日の総会に展示された日本軍慰安婦おばあさんらの資料写真および新聞スクラップ

    一方、キム・グァンジャ会長はこの日展示されたある慰安婦おばあさんの写真を示しながら「日本
    植民治下で慰安婦に引きずられて行ったおばあさんが、部下たちと性関係を結んだという理由で
    古参らが焼きごてで腹を焼いた証拠写真」としながら「ひどく残忍だった日本軍の蛮行をどうしてに
    忘れることができようか?」と吐露した。

    ソース:基督日報(韓国語) 日本軍慰安婦追悼碑建設推進するように
    http://www.christianitydaily.com/view.htm?id=2721


    【【慰安婦問題】 日本軍慰安婦追悼碑、建設推進~ワシントン挺対委基調演説でマーク・キム議員「勝利者になって歴史書け」】の続きを読む

    1 名前:東京ロマンチカφ ★:2011/11/29(火) 09:42:20.36 ID:???

     日本軍の慰安婦として連行され、他郷で生涯を送った故ノ・スボクさん(写真)の遺体が、韓国で永眠する
    ことになった。

    韓国挺身隊問題対策協議会は「90歳のノ・スボクさんが4日に老患で死亡した」とし「30日にノ・スボクさんの
    遺体を韓国に迎えることにした」と28日、明らかにした。

    ノさんは21歳だった1942年、釜山(プサン)影島(ヨンド)橋付近で洗濯をしていたところ、日本軍に連行され、
    シンガポールやタイなどで慰安婦生活をした。日本の敗戦後、マレーシアの国連軍捕虜収容所に入り、タイに
    定着した。

    ノさんは84年、タイの韓国大使館を通して韓国の家族を捜してほしいと要請した。

    2011年11月29日09時13分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/979/145979.html?servcode=A00§code=A10
    http://japanese.joins.com/upload/images/2011/11/20111129091713-1.jpg


    【【韓国】洗濯をしていたら日本軍に連行されタイやシンガポールで慰安婦生活をした元慰安婦女性(90の遺体、韓国に戻る】の続きを読む

    1 名前:蚯蚓φ ★:2011/11/27(日) 19:19:19.10 ID:???


    http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?national-pg/1126/OSK201111260134.jpg
    ▲講演する宋神道さん(左)とジャーナリストの川田文子さん=大阪市福島区

     アジア・太平洋戦争中に旧日本軍の「慰安婦」にされた朝鮮人で、戦後移り住んだ宮城県女川
    町の自宅が東日本大震災の津波で流された宋神道(ソン・シンド)さん(89)が26日、被災後初め
    て西日本で講演した。慣れない東京で避難生活を送る宋さんは「生きているのもつらい」と漏らし
    つつ、「それでも二度と戦争はするなと言いたい」と繰り返し訴えた。

     宋さんは朝鮮・忠清南道出身。「戦地で働けば一人で生きていける」とだまされ16歳で中国の慰
    安所へ。逃げると暴力をふるわれ、7年間も兵士の性の相手をさせられた。戦後、共に引き揚げ
    た日本兵に置き去りにされ、女川町の在日朝鮮人男性と同居してきた。

     男性の死後、独りで住んでいた自宅は、3月11日の津波で跡形もなくなった。高台に逃げて助
    かったが、残ったのは愛犬だけ。日本政府に謝罪と賠償を求めて宋さんが起こした裁判(2003
    年に敗訴確定)の支援者らが、津波のショックと避難所生活で弱った宋さんを東京に迎え入れた。

     大阪市福島区で開かれたこの日の集会で、愛犬と離れて東京で独り暮らしを始めたつらさから、
    宋さんは「いっそ津波に流されりゃ良かった気もする」と涙を見せる場面もあったが、「それでも生
    きなけりゃと帰ってきた」。「戦争した補償は日本の国としてするべきだと言っても多くの政治家は
    無関心。どういうことだ」と怒りも見せ、支援者らは立法による問題解決と市民の理解を呼びかけ
    た。(多知川節子)

    ソース:朝日新聞<被災し避難「それでも生きなけりゃ」 元慰安婦が講演>
    http://www.asahi.com/national/update/1126/OSK201111260131.html

    関連スレ:【米韓】元慰安婦とユダヤ人が戦争犯罪を証言=来月米国で[11/22]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1321932690/
    【慰安婦問題】 韓日請求権協定大使「日本が交渉に応じなければ仲裁に行くほかない。提案するタイミングを計っている」[11/27]
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1322376370/


    【【慰安婦問題】 東日本大震災で被災した元慰安婦、大阪で講演「戦争した補償は日本の国としてすべきなのに・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ