慰安婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:アンドロメダ ★:2019/08/02(金) 06:55:47.95 ID:CAP_USER.net

    ▼高須克弥氏のツイート

    うののさらら @2PQQI350AsGzceL 22:52 - 2019年7月30日
    高須先生、こんにちは!
    今度、愛知県で開催される日本最大級の芸術イベントに、慰安婦像が展示されます。
    このイベントの監修は津田大介氏です。
    どうにか阻止したいのですが、何か良い方法は有りませんか?
    https://twitter.com/2PQQI350AsGzceL/status/1156442484165111808

    高須克弥 @katsuyatakasu 23:19 - 2019年7月30日
    慰安婦像が芸術作品だと思う日本人がいるのか
    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1156449221135855616

    ▼関連ニュース

    ▽あいちトリエンナーレ あすから「不自由展」 「政治性」で規制の作品

    政治色が強いなどの批判を受け、かつて美術館から撤去されたり公開中止になったりした芸術作品を集めた展覧会「表現の不自由展・その後」が八月一日から、愛知県美術館(名古屋・栄)で始まる。
    美術評論家や編集者ら有志でつくる実行委員会が二〇一五年に企画し、東京都内のギャラリーで開いた展覧会を受けた。
    今回は「その後」として、一五年以降に規制された作品を加えた。
    十月十四日まで。

    アートの祭典「あいちトリエンナーレ2019」の企画の一つ。
    さいたま市の公民館だよりに掲載を拒否された俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」や、旧日本軍の慰安婦を象徴する「平和の少女像」など十七組の出品が決まった。
    美術界では近年、政治性などを理由に作品の撤去、改変が度々起きている。
    今回は、それらの経緯の解説と併せて展示し、来場者に「表現の自由」を問いかける。

    少女像は韓国の彫刻家キム・ソギョンさん(54)と夫のキム・ウンソンさん(55)が制作。
    一二年に東京都美術館で展示されたが、来館者の指摘をきっかけに撤去された。
    二人は「日本をおとしめる意味はなく、平和の象徴として作った。政治と芸術は切り離せない。直接見て、意味を感じて」と話す。
    一四年に政治家の靖国神社参拝に対する批判の文書などを貼り、同館に撤去や手直しを求められた造形作家中垣克久さん(75)=岐阜県高山市出身=の作品や、一七年に美術家岡本光博さんが沖縄の米軍機墜落を題材に描き、住民の反発で一時公開中止となった風刺画「落米(らくべい)のおそれあり」などもある。

    ◆美術の論理示せるか
    <「情報社会の情念-クリエイティブの条件を問う」などの著書がある美術批評家・黒瀬陽平さんの話> 
    公立美術館では、ほとんど前例がない美術展。だが規制にもいろんなレベルがあり、すべてを「表現の自由」でくくるのは、危険な面もある。
    規制された作品を集めただけでは、スキャンダリズムと変わらない。
    公共施設や公金を投じた事業である以上、市民の疑問やクレームに答える義務が発生する。
    作者や主催者が美術としての論理や価値をしっかり示すことができれば、成功したと言えるだろう。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/images/PK2019073102100069_size0.jpg

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019073102000142.html

    ▼twitterの反応

    あんこクマ王 @negative_black
    元々は米軍車両に轢かれた女の子を追悼する為の像だったんですけどねぇ……
    なんでこんな事に利用されちゃったんだか……
    その女の子が浮かばれませんよ……

    山本為五郎 @tame_go_rou_
    今までの展示はほぼ阻止されているもよう
    今回、対韓国感情が悪化している
    このタイミングで展示したらむしろ、逆効果になると思う。

    ▼ネット上のコメント

    ・これは芸術祭ではなく、政治的イベントですね。

    ・ライダイハン像も一緒に展示してやりましょう

    ・これも、どっかの団体みたいに抗議すれば止めてくれるかな?

    ・県税でこんなことをやって欲しくないですね。県民として許せません。

    ・日本に慰安婦像?世も末だな。

    https://snjpn.net/wp-content/uploads/2019/08/takasu-ianhu.jpg

    https://snjpn.net/archives/148105
    (deleted an unsolicited ad)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1564696547
    【【】愛知県で開催される日本の芸術イベントに慰安婦像展示 → 高須院長「慰安婦像が芸術作品だと思う日本人がいるのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:荒波φ ★:2019/06/28(金) 09:11:35.77 ID:CAP_USER.net

    植村隆氏といえば、いわずと知れた「慰安婦誤報」の元朝日新聞の記者だ。現在、「週刊金曜日」の発行人を務めつつ、韓国のカトリック大学校招聘教授を委嘱されて週に3日は韓国で過ごしているという。

    同国では益々ご活躍のようで、6月15日には韓国の京郷新聞(ネット版)にインタビューが掲載され、18日にはソウルのプランチスコ教育会館で「歴史歪曲に対立して戦った日本報道人・植村記者に聞く」なる講演を実施。さらに19日には中央日報にもインタビューが載るなど、いまだ英雄扱いのようで――。

    ***

    そもそも、1991年8月11日に朝日新聞大阪版に掲載された植村氏の“スクープ”は、「思い出すと今も涙」という記事で、慰安婦の支援団体から入手した元慰安婦の金学順さんの証言テープをもとに執筆されたものだ。

    記事は〈日中戦争や第2次大戦の際、「女子挺身隊(ていしんたい)」の名で戦場に連行され……〉と始まって、韓国に先駆け、韓国人元慰安婦の証言を紹介した。その後の同国の反日・慰安婦活動に火をつけたきっかけとなった。

    ところが、金さんの記事が出た後、「養父によって慰安所に売られた」と発言。軍によって連行されたわけではなかったことが判明し、すでに朝日新聞(2014年12月23日付)は〈この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません〉と訂正した。

    それでもなお、植村氏は韓国では英雄扱いされているようだ。在ソウルの邦人記者は言う。

    「京郷新聞というのは革新系の新聞ですが、インタビューではジャーナリストの櫻井よしこさんらを相手に訴えた裁判で負けた理由については、“日本の裁判所が右傾化している証拠”などと言いたい放題です。おまけに古巣の朝日新聞にまでケチをつける始末……」

    一体どんなインタビューなのか、一部を紹介すると――。

    〈記者とは宿命的にウソを暴露し、不正と戦う職業だ。暴露して戦う対象が巨大なほど、記者の評価も高まる〉と大上段の構えから入る京郷新聞の記者は、植村氏をこう紹介する。

    〈日本人の彼は、日本の右翼と安倍政権と戦っている。民間勢力と権力が結合した巨大な相手だ。「朝日新聞」の記者だった彼は1991年8月11日、韓国人元従軍慰安婦の金学順おばあさんの事例を初めて紹介した。この報道はその時まで、一種のエピソードと考えられていた日帝植民支配時代の従軍慰安婦問題を、人倫に逆らう戦争犯罪にすることに決定的な役割を果たした……〉

    まさにヒーローである。


    2019年6月28日掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06280601/?all=1&page=1
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06280601/?all=1&page=2

    2 名前:荒波φ ★:2019/06/28(金) 09:12:03.24 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き。

    ■みんな右翼のせい
     
    まずは植村氏が名誉毀損で訴えた裁判の経過から。

    植村:名誉毀損の訴訟は2カ所で行われている。東京で西岡(力)・東京基督教大学教授と、札幌では櫻井よしこという右翼ジャーナリストを相手にしている。昨年11月に札幌で下りた一審判決では私が負けた。判決は、櫻井が私の名誉を毀損したことは事実だが、櫻井が人身売買で慰安婦になったと信じるにたる相当な理由があるというヘンな論理で無罪を言い渡したのだ。東京での一審判決は6月26日に宣告される。

    そんなヘンな論理だっただろうか。札幌での一審判決を朝日新聞がどう報じたかといえば、〈……櫻井氏の論文などが植村氏の社会的評価を「低下させた」と認めた。一方で、櫻井氏が他の新聞記事や論文などから、植村氏の記事は事実と異なると信じたことには「相当の理由がある」などと結論づけた〉(18年11月19日付)。

    しかし、植村氏は裁判で負けた理由をこう解釈している。

    植村:1991年8月11日、私の書いた記事は、韓国挺身隊問題対策協議会が金学順おばあさんの証言を調査しているという内容だった。争点は慰安婦に対する強制性だ。「強制的に連れていった」というおばあさんの証言だけで証拠の文書はない。だから私は報道で「強制」という言葉は使わなかった。それでも、こうした判決が出たのは、日本の裁判所が右傾化したためだ。

    「強制的」どころか「養父に連れて行かれた」のだが……。それにしても「裁判所が右傾化したから負けた」というのだから恐れ入る。たしかに親日が罪になるような韓国の裁判所であれば、植村氏に軍配が上がるかもしれない。なにしろ、慰安婦問題を客観的に論じた「帝国の慰安婦」の執筆者である朴裕河・世宗大学校日本文学科教授を、検察が虚偽だと起訴するような国である。その日本語版書き下ろし版を出版したのは、ほかならぬ朝日新聞出版なのである。

    これについて、京郷新聞の記者はこう問うのだ。〈『帝国の慰安婦』という本は、慰安婦は自発的であり、日本軍と同志的という観点の本である。そのような本を出すのは朝日が保守化したという証拠ではないか?〉

    植村:朝日新聞出版の判断だろう。系列社ではあるが、金儲けのためには何でも出版するところだから。日本には朴裕河のような人を信じたい知識人もいるが、大抵はその分野には関心がない。

    言いたい放題だ。だが、これに対して当の朴裕河教授は、Facebookでこう反論している。

    〈植村記者には一度も会ったことがない。彼が私について批判的な立場であることが確認できる資料を目にした程度である。しかし、ここまでデタラメを言う人とは知らなかった。朝日新聞出版社から私の本を出してくれた人は朝日新聞社の仕事もしていた。その構造を詳しくは知らないが、見たところでは、朝日新聞社と朝日新聞出版社は、まったく別個の組織ではない。 その構造を知らないはずがない元朝日新聞記者がこんなことを言っていいのだろうか。〉

    さらに記者から、その「帝国の慰安婦」に毎日新聞から「アジア太平洋賞」が与えられたことを引き合いに、〈安倍首相の極右政策に日本の知識人たちもお手上げなのはなぜか?〉といった質問が飛び出すと、

    植村:日本の知識水準が高くないから(笑)。思想に根っこがないから、右翼から「殺す」と言われれば怖がる。いいときは言えるけれど、弾圧的になると何も言えなくなる。昨日まで友達だったのに、急にそっぽを向くような人もいる。

    右翼右翼と言うけれど……。朝日新聞の慰安婦報道により、韓国は反日の勢いを増し、国内のみならず慰安婦像を世界中にばらまいた。その一方で、日本がどれほど国際社会での評価が失墜され、日本人がどれほど不利益を被ったことか。金おばあさんはもちろん気の毒ではあるが、養父に連れて行かれたのだ。国による強制とは次元の異なる話であり、当時、貧しさから慰安婦にならざるを得なかった女性は、韓国人よりも日本人のほうがはるかに多かった。にもかかわらず、なぜ韓国人だけが不幸なのか。右翼でなくとも文句を言いたくなる人は少なくないだろう。前出の朴教授も呆れている。

    〈怒りより、言論人も知識人も自分の主張と異なる場合はただただ「右翼!」とレッテル貼りすることぐらいしか戦う方式を開発できなかったことに、ため息が出る。〉

    >>おわり。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561680695
    【【週刊新潮WEB】 「慰安婦誤報」の植村隆氏が韓国紙に登場  バッシングも裁判敗訴も日本の右傾化のせい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2019/06/25(火) 00:40:28.69 ID:CAP_USER.net

    http://www.ggilbo.com/news/photo/201906/678282_520759_455.jpg

    ▲日本軍慰安婦を賛える展示会「2019記憶のふろ敷包みinドルトムント」を観覧するドイツ観覧客ら.
    http://www.nbnnews.co.kr/news/photo/201906/284022_334609_3340.jpg

    ▲展示された少女像(写真提供=祥明大、別ソース:内外ニュース通信)

    祥明(サンミョン)大学マンファアニメーション学科コ・ギョンイル教授が第二次世界大戦当時の日本軍慰安婦を賛える展示会「2019記憶のふろ敷包みinドルトムント」をドイツで開いた。

    去る20日から23日までドルトムント・ツォレルン(Zollern)炭鉱博物館で開かれた展示会は戦争と紛争の間で犠牲になっった女性たちの問題を知らせ、共有する女性の人権を尊重してもい、これ以上の犯罪が行われることを防ごうとする趣旨であった。

    韓国と日本の作家16人の作品60点余りと少女像が展示された今回の展示会はドイツ全域で約20万人以上が参加する「2019ドイツ教会の日」行事にメイン展示として招請され、多くのドイツ人の多くの関心の中で進行された。

    コ教授は「ふろ敷包み展は全世界の様々な地域で慰安婦問題を始めとする戦争と社会で搾取され苦痛を受けた女性たちを記憶するもので、人権尊重と共存のための芸術展と公演を通じて知らせる展示・公演・講演を継続していこうと思う」と話した。

    コ教授は2015年、韓国女性人権財団の後援で開かれた「ヨーロッパ平和紀行・ふろ敷包みプロジェクト」を始め、ドイツのベルリン、ボーフム、ドレスデン、チェコ、プラハ、オーストリア、ウィーンなど第二次大戦の傷痕が残ったヨーロッパ各地を巡回し、日本軍慰安婦問題だけでなく戦争の惨状を知らせて反戦の声を伝えている。

    ソース:金剛日報(韓国語)<祥明(サンミョン)大コ・ギョンイル教授、ドイツで日本軍慰安婦作品展>
    http://www.ggilbo.com/news/articleView.html?idxno=678282


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561390828
    【【慰安婦問題】 韓国の大学教授、ドイツで日本軍慰安婦作品展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:シャチ ★:2019/06/22(土) 22:48:13.04 ID:CAP_USER.net

    この夏、韓国で「慰安婦」関連のドキュメンタリー映画が続々公開される。

    「慰安婦」と「」に入れたのは、韓国では最近、慰安婦という言葉はあまり使われず、「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきているからだ。試写会後の会見でも「被害者本人が慰安婦という言葉を嫌っています」と、使わないようにお願いされた。とはいえ日本では分かりにくいので、「慰安婦」とする。

    実際、韓国では元「慰安婦」のことをおばあさんという意味の「ハルモニ」と呼ぶことが多い。まず6月20日に公開されたのは、ハルモニたちの日常を追った「まわり道」。ハルモニたちが共同生活を送る「ナヌムの家」が主な舞台だ。現在、韓国政府登録の生存の被害者は21人で、このうち6人はナヌムの家で暮らしている。

    ナヌムの家は京畿道広州市にあり、私も2017年に訪ねたことがある。日韓の学生たちと一緒に訪ねたが、ハルモニたちは高齢で認知症の症状もあり、会うだけで精一杯、話を聞くのは難しいと聞いていた。最初は無口だったハルモニだが、日本の学生たちが遠慮深く遠回しに質問するのを見かねたのか、突然自身の体験をとうとうと語りだした。

    そのすごい迫力に飲まれ、数十分にわたって通訳を挟むタイミングも逃し続けたが、韓国語の分からない日本の学生たちも涙を流して聞き入っていた。それが、李玉善(イ・オクソン)ハルモニだった。映画「まわり道」は、李玉善ハルモニの語り口で展開する。

    イ・スンヒョン監督は1989年生まれの若い監督で、今回がデビュー作。もともと俳優だ。「慰安婦」を描いた劇映画「鬼郷」(2016)に出演し、助監督も務めた。イ監督は「『鬼郷』に参加して初めてこの問題(「慰安婦」の問題)を知ったと言っていいほど、無知だった」と話す。「鬼郷」をきっかけにハルモニたちとの交流が生まれ、ナヌムの家が管理する映像を土台に映画化することになった。20年にわたる記録で、1600本を超えるビデオやCDを編集し、追加で撮影した。「20年前の元気なハルモニたちの姿が愛らしく、笑いあふれる日常を映画にしたいと思った」と話す。

    印象に残ったのは、2000年代前半、日本政府との「慰安婦」問題の交渉に消極的な韓国政府に怒ったハルモニたちが青瓦台(韓国大統領府)に抗議に向かうところで、韓国の警察が行く手を阻んだ場面だ。道路を掘り起こし、通れなくした。これにはハルモニたちが「日本の警察でもこんなことはしない」と、詰め寄って悔しさを訴えた。日本から見ると2015年の「慰安婦」問題の日韓合意後、韓国内で合意反対の世論が巻き起こった背景は分かりにくいと思う。私の見る限り、ハルモニの頭越しに合意がなされたことに対する反感が大きかった。ハルモニたちは日本政府だけでなく、韓国政府に失望することも少なくないようだ。

    7月には、日本で話題になっているドキュメンタリー映画「主戦場」が韓国でも公開される予定だ。「慰安婦」問題の論争を日系アメリカ人のミキ・デザキ監督が対立する主張を織り交ぜて分析を加えた作品で、韓国の観客には日本にも様々な意見があることが分かって新鮮だと思う。昨年10月の釜山国際映画祭でも上映されたが、まだ韓国ではこの映画について知らない人がほとんどだ。

    8月に公開を控えるのは「金福童(キム・ボクトン)」。1月に亡くなった金福童ハルモニを追ったドキュメンタリー映画で、世界中で被害を訴えて回った運動家の姿を伝える。

    実は韓国では2015年の日韓合意以降、「鬼郷」を皮切りに「慰安婦」関連の劇映画が毎年公開されてきたが、日本では自主上映のみ、劇場公開されることはなかった。両国のギャップは開く一方に見えたが、「慰安婦」について語ることがタブーのようになっていた日本の雰囲気を「主戦場」が変えた感がある。政府間は個人的にはあまり期待していないが、市民レベルででも日韓の対話が増えるきっかけになれば、と期待したい。

    2019年6月22日 8時0分 朝日新聞GLOBE+
    https://news.livedoor.com/article/detail/16659283/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561211293
    【【韓国】最近は慰安婦という言葉はあまり使われず「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/06/22(土) 15:48:13.34 ID:CAP_USER.net

    慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』に出演した保守派の論客5人が6月19日、日系米国人のミキ・デザキ監督と映画配給会社「東風(とうふう)」を相手取り、上映禁止と総額1300万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。訴えたのは「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長や米国弁護士のケント・ギルバート氏ら5人だ。

     この映画は慰安婦問題を巡って立場の異なる日米韓の30人以上にインタビューし、強制連行の有無や慰安婦の人数などの論点、主張と反論を紹介している。ところが、そのように見せて、実際は韓国や日本の左翼の主張をなぞっているだけだという。

     5人のうちの1人、従軍慰安婦問題の真実を世界に訴えている「なでしこアクション」の代表者・山本優美子氏のブログでは、ミキ・デザキ監督のやり口をこう語っている。

    「私は2016年5月に《件名:上智大学院の出崎幹根のドキュメンタリーインタビューご協力のお願い》というメールを受信しました。メールは丁寧な日本語でこう書いてありました。《慰安婦の強制に関する証拠が欠落していることや慰安婦の状況が一部の活動家や専門家が主張するほど悪くはなかったことを知りました。私は欧米メディアの情報を信じていたと認めざるを得ませんが、現在は、疑問を抱いています》 ところが映画では、冒頭で慰安婦の強制連行と性奴隷説を否定する私や保守系の人たちを画面いっぱい大きな文字で『右翼』、『ナショナリスト』、『歴史修正主義者』、『歴史否定主義者』とレッテルを貼って進行します。映画の終盤では私たちを『人種差別主義者、性差別主義者、ファシスト』と強く印象付けています。そして最後には慰安婦問題からかけ離れて日本の保守による陰謀論に脱線し、日本の再軍備化の問題にすり替わっています」

    デザキ氏は欧米メディアの情報に疑問を抱いているというのはウソだったのだ。在米日本人ジャーナリストは米国が慰安婦問題で中立の立場に立てない事情をこう解説する。

    「欧米の歴史学者は、虚構の慰安婦問題について中立の立場で物を言えません。フェミニストの言い分に異を唱えると失職するからです」

     従軍慰安婦の作り話を肯定した『クマラスワミ報告』のスリランカ人ラディカ・クマラスワミ氏や『マクドゥーガル報告書』のゲイ・マクドゥーガル氏は、立派な大学研究者に出世した。全くもって慰安婦問題をメシのタネにされてはたまらない。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/2433438/
    週刊実話 2019年06月20日 23時00分

    関連
    【慰安婦問題】「大学院生の学術研究に協力したつもりが保守をたたくプロパガンダ映画に」…映画『主戦場』、学者らが抗議「だまされた」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559207571/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561186093
    【【週刊実話】慰安婦問題映画『主戦場』出演者が「話が違う!」と東京地裁に提訴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/06/09(日) 09:41:32.32 ID:CAP_USER.net

    韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が、2015年の日韓慰安婦合意で設立した「和解・癒やし財団」の解散を進めていることに対し、元慰安婦の遺族らから不安の声が上がっている。財団の事業が宙に浮いたことで、受け取れる支援金が届かないためだ。今後の事業をめぐる日韓の協議は滞ったままで、解決の糸口は見えていない。

     財団は日本が出した10億円を財源に、元慰安婦47人に1人あたり支援金1億ウォン(1ウォン=0・09円、約900万円)、遺族199人に同2千万ウォンを支給する事業に取り組んだ。財団関係者などによると、このうち受給を希望したのは元慰安婦36人と遺族71人。ただ、昨年11月に文政権が日本の同意なく財団解散を決めたため、元慰安婦2人と遺族13人には支援金が払われていないという。

     こうした遺族の1人で仁川市の女性(58)は5月中旬、取材に対し、「(支援金は)慰安婦だった母が受け取ることができたお金。遺族として一日でも早く受け取りたい」と語った。

     女性の母は韓国政府から認定された元慰安婦で、1994年に亡くなった。女性は16年に財団ができた後も、韓国メディアが合意を批判的に報じていたため、「受け取ってはいけないお金だ」と考え、すぐに支援金を申請しなかった。

     18年になり、大学生の長女(25)から、支援金事業の目的が元慰安婦の名誉や尊厳の回復だと知らされた。「支援金は貧しかった母が残してくれた贈り物」と思い直して申請。同年10月に受理されたが、支援金は今も受け取れていない。

     ソウル郊外に住む女性(70)…

    残り:763文字/全文:1406文字

    続きはソース元の登録先にて。(有料

    https://www.asahi.com/articles/ASM655QP6M65UHBI01H.html
    朝日新聞デジタル 2019年6月9日09時00分


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1560040892
    【【朝日新聞】元慰安婦・遺族に支援金行き渡らず 韓国の財団解散方針】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:シャチ ★:2019/06/06(木) 14:18:07.57 ID:CAP_USER.net

    旧日本軍の慰安婦問題をテーマにした、公開中のドキュメンタリー映画「主戦場」のメガホンを取ったミキ・デザキ監督(35)が3日、都内で会見を実施。慰安婦問題について「『強制連行』は世界的コンセンサス」などと持論を展開した。

     同作は5月30日に、作中でインタビューに答えた藤岡信勝氏(74)ら保守派の論者から、「歴史修正主義者のレッテルを貼られた」などと抗議を受けた。会見で、慰安婦問題における世界的なコンセンサスの認識を問われたデザキ監督は「世界が考えている慰安婦問題は、私の理解においては、彼女たちが性奴隷であったこと、20万人いたこと、強制連行されたということ」と明言した。

     さらに「私の考えでは具体的な数字を出すべきことではなくて、目安の数字でいいのでは」と発言。「いわゆる『修正主義者』たちの考えは、もう少し反すうをする余地があるのではと考える。彼らが『性奴隷ではなかった』、『強制連行ではなかった』と訴えているがために、いわゆる、というカッコ付きで『修正主義』という言い方をしている」と、藤岡氏らの主張を一部否定した。

     またデザキ監督は、抗議を行った保守派論客について「彼らは、世界的にコンセンサスが取れている慰安婦問題を、積極的に塗り替えようとしている」とも分析。加えて「彼らの言葉に説得力がないのは、映画の中で、この問題を研究している歴史家たちによってファクトチェックをされているからでは」と推測した。

     さらに「修正主義者と呼ばれる方たちが、慰安婦問題についての歴史家ではないことが多いということに注目していただきたい。にもかかわらず自分たちが慰安婦問題についての真実を語る専門家であると思っている」と、保守論客側の発言の正当性に疑問符も。「自分たちの正義を盲進している」と苦言も呈した。

     自身の映画作りに関しては「フェアな製作過程だった」と強調。「彼らは人に見て欲しくない、評判を下げたいと思っている。自分たちが発言した内容が、恥ずかしいと思っているのだろうかと思う。彼らがなぜ支持者たちにこの映画を見て欲しくないと思っているのか分からない」と笑みも見せながら話した。

    ソース デイリー
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/03/0012392389.shtml


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559798287
    【【性奴隷】「20万人の強制連行は世界的コンセンサス」 慰安婦ドキュメンタリー映画のミキ・デザキ監督が持論を展開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/06/04(火) 09:14:56.13 ID:CAP_USER.net

    (女性家族部)
    https://imgnews.pstatic.net/image/016/2019/06/04/20190604000058_0_20190604071502974.jpg


    女性家族部は4日、日本軍慰安婦問題をテーマとする青少年作品の公募展を開催すると明らかにした。

    今年で6回目を迎える今回の公募展は、未来の主役である青少年が日本軍慰安婦問題を正しく学び、認識する機会を提供するために用意された。

    公募展作品は4日から9月19日までの約3か月間、公募展のホームページで受け付けられる。

    応募は小中高および大学生が参加でき、美術と音楽の分野に区分される。

    授賞式は11月中に開催される予定である。計27人(チーム)を表彰して、賞金総額は1220万ウォンである。

    女性家族部のチェ・チャンヘン権益増進局長は、「慰安婦被害者公募展が青少年たちに日本軍慰安婦問題について自ら考える動機を与え、戦時中の性暴力と女性人権に対する問題意識を覚醒させる大切なきっかけになって欲しい」と述べた。

    ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001542637


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559607296
    【【韓国】女性家族部、慰安婦被害者がテーマの公募展を開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2019/06/03(月) 21:46:18.80 ID:CAP_USER.net

    https://newsimg.sedaily.com/2019/06/03/1VK9W8SZOZ_2.jpg

    ▲日本ネチズン、ハンガリー遊覧船事故で遠回しに「慰安婦」に言及して嘲弄(冷やかし)/コミュニティキャプチャー

    一部の日本人たちがハンガリー遊覧船沈没事故をめぐり、バカにするような反応を見せて嫌韓感情を煽っている。

    先月30日、日本ポータルサイト・ヤフージャパンにハンガリー遊覧船沈没事故記事が紹介された。この記事は事故で3人死亡、16人が行方不明の状態と当時の状況を伝えた。一部日本人たちは事故犠牲者が韓国人という事実を知って慰安婦問題に言及して嘲弄した。

    あるネチズンは「今後何十年も(韓国人々が)賠償せよ!謝罪せよ!と言われ続けるハンガリーの関係者たちが気の毒だ」と書いた。また他のネチズンは「ハンガリー大使館の前に銅像を作る。謝罪と賠償を要求するデモ。1年後、被害者が190人になってすべての人が賠償請求権を子々孫々まで継承することが決定。2年後(この事故を)映画で製作するだろう」とし、韓国人の反応を予測して皮肉った。

    また他の日本人は「普通なら行方不明者の無事を祈るのだが、韓国人だと聞くと東日本大震災をお祝いした国民ということが頭に浮かび率直に無事を祈る気持ちには到底なれない」と書いた。

    このような事実がオンラインコミュニティを通じて知られるとすぐに我が国ネチズンらも「市民意識がこうなのに、どうして反日感情を持たずに生きられるか」、「地震で津波が起きたのを見て救援復旧基金に電話したことを後悔する」等の反応を見せた。

    一部ネチズンはヤフージャパンがとりわけ嫌韓指向の反応が多いとし、「嫌韓反応がすべての日本人の考えではないという点を知るべきだ」という指摘もあった。

    一方、去る29日発生したダニューブ川遊覧船沈没事故で現在、韓国人7人が亡くなり7人が救助され、残り韓国人19人は相変らず行方不明だ。

    /イ・ミギョン記者

    ソース:ソウル経済(韓国語) 日ネチズン、ハンガリー遊覧船事故「慰安婦」に遠回しに言って嘲弄(冷やかし)
    https://www.sedaily.com/NewsVIew/1VK9W8SZOZ


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559565978
    【【韓国】 「ハンガリー大使館前に銅像がたつぞ」~日本ネチズン、ハンガリー遊覧船事故に「慰安婦」問題持ち出して揶揄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2019/05/31(金) 00:01:57.04 ID:CAP_USER.net

    http://www.gpjn.net/news/photo/201905/18097_31984_3220.jpg

    http://www.gpjn.net/news/photo/201905/18097_31985_3220.jpg

    http://www.gpjn.net/news/photo/201905/18097_31986_3220.jpg


    加平郡(カピョングン)革新学校のヨンハ(年下?)小学校(校長パク・ヒョジン)は29日、6学年の小学生を対象に「慰安婦」ハルモニプロジェクト学習を行った。

    今回のプロジェクト学習のために6年生たちは事前学習で『鬼郷』映画を見て話あった後、水曜集会ピケを作って、正義記憶連帯幹事と面談を行った。そして29日、日本大使館前で開かれた第1389次日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜デモ」に参加した。

    また、日本軍性奴隷問題に対する真相究明と責任履行、被害者ハルモニらの名誉回復のための自由発言、ピケ意見表現、署名などの行事に積極的に参加し、謝らない日本政府に対しハルモニに謝罪せよと熱く叫び声をあげた。

    今回のプロジェクト学習の中で代表発議した6年、チョ・イェウォンさんは「『慰安婦』ハルモニプロジェクト学習を通じて教科書で習っただけの歴史を直接調査して体験し、ご先祖に対する感謝の心と国を愛する心を持つようになった」と話した。それと共に「はやく日本政府がハルモニらに謝ってハルモニたちの痛い心が治ったら良いのに」と伝えた。

    その後、6年の生徒たちは「慰安婦」ハルモニプロジェクト事後学習で「ハルモニたちの人生とこれから私たちがすべきこと」について教育演劇時間に過程ドラマを作って終わらせる予定だ。

    ソース:加平ジャーナル(韓国語)年下小6年生の「慰安婦」ハルモニプロジェクト学習進行
    http://www.gpjn.net/news/articleView.html?idxno=18097


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559228517
    【【慰安婦問題】 「日本ははやくハルモニに謝って」~小学6年生、「慰安婦」ハルモニプロジェクト学習で水曜デモに参加】の続きを読む

    このページのトップヘ