朝鮮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2018/06/18(月) 23:48:48.15 ID:CAP_USER.net

    http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2012/01/d82e31f97eda4985f2e232ec2973859b_yke_0525.jpg

    ▲『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、安倍政権の態度に不安を隠さない。

    自国産業の保護に血眼なトランプ大統領のアメリカと、自由で公平な貿易を求める各国との対立が深まっている。中国とは貿易戦争の一歩手前だし、G7諸国とも鉄鋼・アルミニウム輸入の高関税措置をめぐって揉(も)めている。このままアメリカと各国の通商戦争が激しくなれば、世界の貿易が縮小する事態だってありうる。

    そうなれば、日本への影響は甚大だ。アベノミクスが順調に見えるのは、世界経済の好調を背景に日本の輸出が増え、企業収益が大幅に改善しているからだ。その頼みの綱である外需が頭打ちになれば、アベノミクスはたちどころに変調を来す。

    ただ、日本経済の底上げにつながるかもしれないプラス材料はある。それは、米朝首脳会談だ。その交渉は予断を許さないが、もし、最終的に核廃棄、朝鮮戦争の終結などの合意が実現すれば、その後は経済制裁の解除、米朝国交正常化、そして北朝鮮への経済支援というメニューが浮上してくる。

    北朝鮮のGDPは日本円で1.8兆円(2016年)ほどにすぎないが、国民の教育水準は決して低くなく、約12万平方kmの国土に約2400万人の人口を抱えている。周辺に日本、韓国、中国東北地方、ロシア極東地域が広がることを考えれば、米朝和解で地政学上のリスクがなくなった後は、この国は「北東アジアの新しい経済フロンティア」となる。

    おそらく、国際的な対北朝鮮投資ブームが起きるはずだ。現に、韓国ではロッテグループ、通信大手のKT、観光業の現代峨山(げんだいがざん)などが北朝鮮への投資を検討する特別な組織を設けたと報じられている。日本も、このチャンスを見逃すべきではない。北朝鮮への経済協力を協議する国際的な枠組みに積極的に参画し、これまでの圧力一辺倒の政策とは一線を画した、独自の経済協力の絵図を描くべきだ。

    2002年の日朝平壌(ピョンヤン)宣言で、日本は北朝鮮に経済協力を約束している。その宣言を活用し、例えば日本の新幹線を北朝鮮に供与・導入するというアイデアはどうだろう? それをシベリア鉄道、さらには日韓海底トンネルで九州と連結すれば、日本から朝鮮半島を経由してヨーロッパにつながる壮大なユーラシア横断鉄路が完成することになる。

    北朝鮮の電力インフラの整備に乗り出し、そのついでにモンゴルで太陽光発電した電力を日本に送る巨大な送電網=アジアスーパーグリッドの建設構想の主役になってもいいだろう。日本経済を元気にするビジネスチャンスは無限にあるのだ。北朝鮮と経済協力の構想を話し合うなかで相互間に信頼が生まれれば、決して簡単ではないが、拉致問題の早期全面解決も視野に入る。

    不安なのは安倍政権が今後も北朝鮮を敵視する政策を続け、圧力路線に頑(かたく)なにこだわることで、国際的な陣取り合戦で取り残される、という点だ。トランプ大統領は「北朝鮮経済協力資金は日中韓に拠出を求める」と公言している。このままでは日本は交渉の糸口をつかめないまま、サイフ役としてその資金の供与だけを求められ、経済プロジェクトに関与できないということになりかねない。

    安倍総理は、メンツにこだわるのをやめて、平和の果実を日本にももたらすような戦略を真剣に考えてもらいたい。

    *本記事は『週刊プレイボーイ』26号(6月11日発売)に掲載されたものです

    ●古賀茂明(こが・しげあき)
    1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。近著は『国家の共謀』(角川新書)。ウェブサイト『Synapse』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中

    ソース:集英社<日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の「フロンティア」になる可能性>
    http://wpb.shueisha.co.jp/2018/06/16/106187/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529333328
    【【北朝鮮】 日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の『フロンティア』になる可能性/古賀茂明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/17(日) 21:04:02.00 ID:CAP_USER.net

    産経ニュース2018.6.17 20:38更新
    http://www.sankei.com/world/news/180617/wor1806170022-n1.html

    【ソウル=桜井紀雄】韓国の大手証券会社が、北朝鮮が日本に請求できる補償額を200億ドル(約2兆2130億円)と試算するなど、日朝交渉が実現すれば、日本が北朝鮮に巨額の“戦後賠償”を行うとの見方が韓国で独り歩きしている。

    北朝鮮の非核化後を見据えた莫大な経済支援を韓国一国が背負いたくない本音の反映ともみられる。

     韓国紙、中央日報(電子版)によると、サムスン証券リサーチセンターの北朝鮮投資戦略チームは17日までにまとめた報告書で、北朝鮮が今後の日朝国交正常化交渉で対日請求権を行使し、200億ドルを受け取れば「経済再建の元手として活用できる」と分析した。

     請求額は「北朝鮮が300億~400億ドルを要求したとの説」や2002年の日朝首脳会談で「100億ドル水準で日本が提案したとの報道」を基に現在の価値に換算し、200億ドル水準と算出。

    「初期に受け取れる資金の割合を増やす戦略が有利だ」「日本の影響力が過度に高まる懸念もある」などと北朝鮮の立場に立った助言も行っている。

    (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529237042
    【【韓国】北朝鮮の対日請求権2兆円? 韓国で試算独り歩き…「一国で支援負担イヤ」が本音】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/17(日) 09:44:52.41 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2018-06-17 09:12
    http://news.searchina.net/id/1661469?page=1

     2026年に開催されるサッカーワールドカップ(W杯)はカナダ、米国、メキシコによる3カ国共催となることが決まった。日韓W杯のように、これまで2カ国が共催した事例はあったが、3カ国による共催は史上初となる。

     中国メディアの快資訊は15日、韓国は「日本、中国、北朝鮮による4カ国共催」案が存在することを伝え、その実現性について考察する記事を掲載した。

     記事は、2026年W杯より出場国が48チームに増えることを紹介し、「出場国が増えるということは、それだけ世界中から多くのサッカーファンが開催国を訪れることを意味する」と指摘。

    また、それだけ多くのサッカースタジアムが必要であり、安全確保も考えれば「もはや1つの国でW杯を開催するのは難しくなっているのが現状」だと論じた。

     続けて、2030年のW杯は再びアジアで開催される可能性が高いことを指摘し、これを狙っているのが韓国だと紹介。

    韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長がメディアに対し、「日本と中国、そして北朝鮮に対し、2030年の共催を提案済み」と述べたことを伝えたうえで、26年が3カ国共催となったことで、にわかに韓国のプランが現実味を帯びてきたと指摘した。

     一方で記事は、中国はもはや国際イベントを通じて国力を世界に示す必要性もなくなったうえ、広大な国土を持つ中国は韓国や日本などと共催しなくても、自国だけでW杯を開催することができると主張。

    (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529196292
    【【韓国】韓国が狙う「日本・中国・北朝鮮とのW杯共催」、「中国は自国だけで開催可能」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2018/06/17(日) 00:08:29.29 ID:CAP_USER.net

     文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は14日、北朝鮮の人権問題について「今、何よりも重要なのは『非核化』だ。絶対に人権問題を(対北朝鮮交渉の)前提条件にしてはならない」と語った。

     文正仁補佐官は同日、梨花女子大学で行われた時事討論会で、「北朝鮮との対話で人権問題を提起すべきか」という質問に、「優先順位(priority)を設けて北朝鮮と対話するべきだ。非核化が先で、その次が人権だ。北朝鮮が改革・開放し、経済が良くなって、その結果として人権問題が改善可能な環境を作ることが必要だ」と答えた。その上で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮の人権問題を提起してはいるが、それを優先順位(の上位)に置いてはいない。南北間の信頼関係を構築することの方が(人権問題より)先だ」と言った。これまで文正仁補佐官は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備、在韓米軍、韓米合同軍事演習など敏感な安保懸案について「急進的」な主張を繰り広げてきた。そのたびに大統領府は「個人的な意見だ」と予防線を張ってきたが、文正仁補佐官の主張は対北朝鮮交渉の過程で現実になってきた。

     文正仁補佐官の発言は、統一部(省に相当)が北朝鮮人権財団の事務室賃貸借契約を延長しないと発表した日に飛び出した。北朝鮮人権財団は11年間にわたる与野党の駆け引きの末、2016年に可決された「北朝鮮人権法」の中核であるのにもかかわらず、理事の構成に責任を負う国会の非協力や確執で発足が先送りされてきた。政府は空(から)の事務室の賃貸費用節約を理由にしているが、「北朝鮮が敏感に反応する人権問題を後回しにするということではないのか」という批判が出ている。政府は、北朝鮮人権法に基づいて16年に設置された外交部北朝鮮人権国際協力大使(人権大使)も8カ月間にわたり空席のままにしている。前任のイ・ジョンフン大使は「北朝鮮の人権問題は北朝鮮の弾道ミサイルや核の脅威などの見地から扱うべきだ」と言っていた。外交部関係者は「大使のポストだけをわざと空席にしているのではない」と話している。

     与党関係者は「文正仁補佐官の発言は、結局は大統領府や政府とのやり取りの中で出てきたものと見るべきだ。北朝鮮の人権問題も結局、同補佐官の言葉通りになるだろう」と話す。

     米政府も、米朝首脳会談を経て北朝鮮の人権に対する姿勢が消極的な方向に転換しそうな雰囲気だ。ホワイトハウスのセラ・ハッカビー・サンダース報道官は14日(現地時間)の定例記者会見で、「(トランプ)大統領はなぜ北朝鮮の残酷な行為を見過ごそうとしているのか」という質問に、「大統領は(会談で)複数回、北朝鮮の人権記録や人権侵害問題を提起した」としながらも、「ただし、首脳会談の焦点は非核化と韓半島(朝鮮半島)の平和であり、これが対話の目的だった」と言った。これに対する反発として、米下院では「北朝鮮政権の残酷な人権侵害行為の改善なしに、大統領が独自に対北朝鮮制裁を緩和することはできない」という内容の「制裁緩和制限法案」が上程された。

     一部には、「『平和協定以降は在韓米軍駐留の正当化は難しいだろう』という文正仁補佐官の先月の『予言』も当たるのではないか」という声が上がっている。大統領府関係者は15日の記者会見で、「(在韓米軍の問題は)話し合われていない」と言ったが、トランプ政権内の流れには変化が生じ始めている。

     ある与党関係者は「文正仁補佐官が2017年6月に韓米合同軍事演習の縮小を口にした時は非現実的に聞こえたが、それも1年後に現実のものとなった。在韓米軍問題も同じようになるかもしれない」と語った。

    イ・ミンソク記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<文正仁氏「北朝鮮の人権問題考える時期ではない」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/16/2018061600565.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529161709
    【【韓国】 「今、北朝鮮の人権問題考える時期ではない」~文正仁大統領補佐官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/16(土) 16:35:21.64 ID:CAP_USER.net

    Copyright c The Yomiuri Shimbun 2018年06月16日 11時36分
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180616-OYT1T50046.html?from=ytop_main1

    安倍首相は16日午前、読売テレビの番組に出演し、米朝首脳会談で合意された朝鮮半島の完全な非核化について、国際原子力機関(IAEA)による査察が必要だと指摘した上で、非核化費用の負担を検討する考えを明らかにした。

     首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。

    その上で拉致問題の解決に向け、「最終的に私自身が北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わないといけない」との決意を改めて表明した。

    (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529134521
    【【非核化費用】北朝鮮非核化で安倍首相「日本が費用負担するのは当然」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ザ・ワールド ★:2018/06/15(金) 13:07:17.25 ID:CAP_USER.net

    日本維新の会 足立康史

    増元さんは、安倍総理でなければここまで来れなかったと政府に謝意を述べられ、拉致被害者の救出に全力を挙げるよう、
    拉致問題の解決なくして経済支援できないという意志を明確にするよう、要請がありました。
    更に、辻元清美氏を名指しして、政局に利用しようとする動きを厳しく激しく非難されました。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/1007193046205718529?s=19

    特に国政維新の同僚の前で、私の名前を呼ばれて、辻元氏らによる政局利用を阻むよう要請がありました。
    処分中の身として非力なのは恐縮なのですが、確かに辻元清美氏は
    「(拉致被害者を)返せ!ばかり言ってもフェアじゃない」と嘯いた人物、拉致被害者家族の皆さまのお気持ちは察するに余りあります。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/1007193047363276800?s=19

    私は一介の野党議員でしかなく拉致についても大したことも出来ないので、
    これまではブルーリボンを着けるのはおこがましいと考えて控えてきた経緯があります。しかし増元さんからの要請もあり、
    今日から着用することにしました。拉致問題の全面解決の日まで微力ながら力を尽くして参りたいと存じます。
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/1007193048642551808?s=19

    http://anonymous-post.com/archives/24814


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529035637
    【【北朝鮮拉致被害者家族】増元氏「安倍総理でなければここまで来れなかった」辻元を名指しで「政局に利用しようとしている」と非難】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:たんぽぽ ★:2018/06/14(木) 06:33:33.18 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/180614/plt1806140003-s1.html

     12日の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に対して「安倍晋三首相と会ってもよい。オープンだ」と述べていたことが13日、分かった。これを受け、日本政府は日朝首脳会談の本格調整に入った。安倍首相は14日に拉致被害者家族と首相官邸で面会を予定しており、ここで拉致問題解決に向けた交渉方針を説明する意向だ。

     複数の政府関係者が明らかにした。金氏の意向については12日中に米政府から複数のルートで日本政府に伝達されたという。

     米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を金氏に説明。その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとされる。

     この説明を受け、金氏は、安倍首相との会談に前向きな姿勢を示したという。会談中に北朝鮮側は「拉致問題は解決済み」という従来の見解は一度も示さなかったという。

     政府関係者によると、水面下の米朝折衝でも、北朝鮮側は日朝協議に前向きな姿勢を示していたという。

     トランプ氏は米朝首脳会談後の記者会見で、拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、(会談で)取り上げた。安倍首相の最重要課題でもあるからだ」と説明。安倍首相は12日夜、トランプ氏との電話会談後、拉致問題について「日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかねばならないと決意している」と述べた。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528925613
    【【北朝鮮】日朝首脳会談へ本格調整 金正恩氏「安倍首相と会ってもよい」 トランプ大統領に伝える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2018/06/13(水) 20:52:00.51 ID:CAP_USER.net

    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=880f1d1000e845f48c237856ee727b90&Month=201806&size=640
    ▲ユ・スンミン、サムスン証券リサーチセンター北朝鮮投資戦略チーム長(サムスン証券提供)

    過去(1966~1975年)、韓国の対日請求権資金使用内訳。サムスン証券提供

    北朝鮮が非核化後の経済開発過程で200億ドル(約2.2兆円)規模の日本資金をシードに活用できるという分析が出てきた。

    国際舞台に出る北朝鮮が日本との修交過程で過去の戦争に対する賠償金である「対日請求権」を活用してインフラ投資と産業基盤作りができるという話だ。

    ドナルド・トランプ米国大統領も12日、シンガポールで北米首脳会談後に開かれた記者会見で「北朝鮮の非核化費用は韓国と日本が助ける」とし、日本の役割を強調した。

    サムスン証券は13日、203ページ分量の「韓半島CVIP(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)の時代に」報告書を通じて「北朝鮮が日本から対日請求権資金を受領できるようになれば経済再建のシードまねーとして活用できるだろう」と展望した。

    対日請求権は1951年、サンフランシスコ平和条約で第二次世界大戦敗戦国の日本について侵略対象国に強力な賠償をするようにしたものだ。賠償規模と方法、時期などは日本と相手国間の協議で決定される。

    ユ・スンミン、サムスン証券北朝鮮投資戦略チーム長は「日本産経新聞は2002年9月、北日平和宣言で当時の小泉純一郎総理とキム・ジョンイル北朝鮮国防委員長が100億ドル水準の対日請求権合意説を報道した」として「これを基礎に現在の貨幣価値を反映した場合、北朝鮮は200億ドル(約21兆5,000億ウォン)内外の請求権を行使できるだろう」と予想した。

    北朝鮮は過去、アジア諸国の対日請求権活用事例に照らしてみる時、これを社会間接資本(SOC)拡充と繊維・資源開発など比較優位がある産業や鉄鋼など基礎産業に投資する可能性が大きい。

    日本から20年にかけて5億5,000万ドル受けとったフィリピンはこれをセメント産業に投資して鉄道や道路、船舶など運送能力を引き上げることに活用した。ベトナムとミャンマーも発電所など基幹産業拡充に対日請求権を利用した。

    我が国は1966年から10年にかけて無償資金と借款5億ドルを提供され、このうち55.6%(2億7,799万ドル)を鉱工業に、18%(9,000万ドル)をSOC拡充に活用した。

    ユ・チーム長は「我が国は最も効率的に資金を使った国家に選ばれる」として「北朝鮮も徹底した準備と事前計画の後、対日請求権を活用するだろう」と話した。

    北朝鮮が後れたインフラ改善に出る場合、鉄道改善補修・複線化と港湾・空港改善など物流分野が優先順位に選ばれる。山岳地形が多い北朝鮮の特性上、道路よりは鉄道運送が有利だ。海運・航空分野も長期間の対北朝鮮制裁で後れている。

    パク・セイン記者

    ソース:韓国日報(韓国語) サムスン証券「北朝鮮、対日請求権200億ドル経済開発種子」
    http://hankookilbo.com/v/6dc052c5ad57481db933233aff55857f

    関連スレ:【米朝首脳会談】“非核化”費用は日韓で支援を~トランプ氏[06/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528805389/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528890720
    【【北朝鮮】 「非核化後、対日請求権で200億ドル(約2.2兆円)が経済開発に使える」~サムスン証券が試算】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:荒波φ ★:2018/06/13(水) 08:36:23.43 ID:CAP_USER.net

    韓国において、国内居住外国人に投票権を与えようという動きは1999年の金大中(キム・デジュン)政権時代に本格化した。日本政府に、在日韓国人への参政権付与を促すためだった。韓国国内の外国人に参政権を与えてこそ、日本に要求できる名分が生じるという論理だった。

    当時、右派寄りの在日団体「在日本大韓民国民団」(民団)が日本で地方参政権獲得運動を推進していた。2001年には韓国国会改革委員会特別委で選挙法改正案が合意に至ったが、02年に立法は白紙になった。韓国憲法第1条「大韓民国の主権は国民にあり、全ての権力は国民から出る」という規定に背くという指摘があったからだ。

    その後も、外国人参政権は根気強く推し進められた。とりわけ、02年の韓日FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ以降は開放基調が強まり、経済協力開発機構(OECD)加盟国の多くが外国人の地方選挙投票権を認めているという事実が判明したことで、立法の後押しとなった。

    地方選挙は国民ではなく住民が参加するもの-という論理で、韓国憲法第1条との衝突を避けることができた。05年8月、韓国国会で公職選挙法が改正され、国内長期居住外国人に地方選挙の投票権が与えられた。

    投票権が付与されてから初の選挙となった06年の5・31第4回地方選挙には、6579人の外国人選挙権者が参加した。このうち台湾人が6511人(99%)で、絶対多数を占めていた。そのほかは、日本人が51人(0.8%)、米国人が8人(0.1%)、中国人が5人、ドイツ人とカナダ人がそれぞれ1人だった。


    2018/06/12 13:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/12/2018061201171.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528846583
    【【朝鮮日報】 なぜ韓国では外国人が参政権を持つのか=韓国統一地方選 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:蚯蚓φ ★:2018/06/12(火) 13:13:20.74 ID:CAP_USER.net

    文正仁(ムン・ジョンイン)大統領外交安保特別補佐官は11日、「北朝鮮の過去の言動をものさしに今後の行動を判断してはならない」としながら「北朝鮮非核化の成功確率は90%」と話した。

    文特別補佐官はこの日東京の帝国ホテルで開かれた国際交流会議「アジアの未来」で、「北朝鮮危機の行方と新たな世界秩序」という主題のパネル討論に参加してこのように話した。

    「金正恩(キム・ジョンウン)委員長との交渉は北朝鮮の時間稼ぎになるのではないのか。北朝鮮が核兵器を放棄するとみるのか」という司会者の質問に、文特別補佐官は「時間稼ぎではない。金正恩委員長は核を放棄すると話した。非核化しようとする考えがないならば核実験場を破壊しなかっただろう」と話した。しかし他の出席者は文特別補佐官の意見に反対の立場を表わした。司会の秋田浩之日本経済新聞社コメンテーターが「(北朝鮮の非核化に)懐疑的だ。北朝鮮は2005年にも同じような約束をしたが約束を破っており、われわれはだまされた。今度はわれわれが北朝鮮を信じられるという証拠が必要だ」と反論した。

    文特別補佐官はこれに対し、「それは北朝鮮の過去の態度だ。米国も北朝鮮をだましたことがある。いまはそうしたことをすべて忘れる時だ。過去の行動で未来の行動を判断してはならない。(金正恩委員長は)違う人であることを期待してみよう」と答えた。

    北朝鮮の非核化が成功する確率を尋ねる質問にも文特別補佐官は「90%の成功を確信する。『悪魔は細部に宿る』というが、そうだとしても50%にはなる」と強調した。これに対し北京大学国際関係学院の賈慶国院長は「非核化プロセスは非常に難しいため成功確率はまだ非常に低い。20%程度になるだろう」と予想した。

    一方、金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は「アジアでの韓国の役割」という主題の基調講演で、「北朝鮮が早期に開放し国際社会に出てくることが最も良いシナリオ。多くの経済制裁が解除されるという仮定の下に、(北朝鮮が)国際機関の加盟国にならなくても韓国、中国、日本などと国際機関がともに参加する多国間ファンド設立が可能だろう」と話した。その上で「イラク再建ファンドが良い例になる」と付け加えた。

    日本の安倍晋三首相はこの日の夕食会に参加し、「北朝鮮が平和と法の支配、自由の道に第一歩を踏み出す時、北朝鮮は東アジアに大きな平和をもたらすという意味の貢献が可能になるだろう。歴史的な米朝首脳会談を経て北朝鮮が国際社会の期待を十分に認識し、未来に向け正しい道に、大きな歩みを踏み出すことを願っている」と話した。

    日本経済新聞が主催し中央日報などがメディアパートナーとして参加する「アジアの未来」は今年で24回目を迎える。「開かれたアジア~繁栄と安定への課題」というテーマで開かれた今回の会議には、マレーシアのマハティール元首相、ベトナムのチュオン・ホア・ビン副首相、モンゴルのスフバータル・バトボルド元首相、中央日報イ・ハクヨン主筆らが参加した。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓国大統領特別補佐官、日本のフォーラムで「北朝鮮の過去の行動は忘れよ」>
    http://japanese.joins.com/article/200/242200.html

    関連スレ:【韓国】 「北朝鮮を理解してくれるよう望む」~韓国国防部長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎをさす[06/03]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528026151/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528776800
    【【韓国】 「北朝鮮の過去の行動は忘れよ」~韓国大統領特別補佐官、日本のフォーラムで】の続きを読む

    このページのトップヘ