韓流

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2019/12/06(金) 15:14:09.83 ID:CAP_USER.net

     3日、韓国の男性アイドルユニット、「Stray Kids(ストレイキッズ)」が東京・代々木第一体育館でファンクラブ限定ライブを行い、来年3月に日本デビューすることを発表した。

     会場には約8000人ものファンが集まり、ステージ上の巨大スクリーンで日本デビューが発表されると、大歓声とともに会場のボルテージは最高潮に。新たな舞台へと飛び立つ彼らを祝福した。

     Stray Kidsは、韓国出身の6人とオーストラリア出身の2人から構成される8人組ユニットで、ファンからは「スキズ(SKZ)」の愛称で親しまれている。昨年から今年にかけて、韓国の音楽関連の新人賞10冠を獲得。今年9月に開催されたパシフィコ横浜国立大ホールでの日本初ライブには、4000の客席に応募が殺到し、チケットの当選倍率は10倍を超えた。高クオリティな歌やダンスと個性豊かなメンバー構成を持ち味に、今韓国でもっとも注目されている音楽グループの1つである。


     日本デビューの発表を受けて、すでにネットでも大反響が起こっている。インスタグラムのオフィシャルアカウントはフォロワーが500万人を超え、ツイッターでも「スキズ日本デビューとか…夢かと…」「死ぬほどうれしい生きててよかった」「絶対ファン増えるから今のうちライブ行っとこ」と、彼らの日本での活躍に期待する声が続出。近年落ち着きを見せていた韓流ブームだが、彼らが火付け役となり、”第4次韓流ブーム”がやってくるかもしれない。

     日本では、2003年に放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」が大流行したことをきっかけに、度々韓流ブームが起こっている。2010年には「KARA」「少女時代」「東方神起」といった音楽ユニットの楽曲が大ヒットし、第2次韓流ブームが到来。NHKの「紅白歌合戦」に出るなど、大きな盛り上がりを見せた。その後ブームは衰退を迎えるが、2017年頃に「TWICE」をはじめとするアイドルグループの流行により第3次韓流ブームが巻き起こる。それらも一段落し、現在日本での韓流ブームは”落ち着いている”といった表現が適切かもしれない。

     そんな状況の中、発表されたStray Kidsの日本進出。デビュー前にも関わらずこの人気ぶりとは、空前絶後の巨大韓流ブーム到来を予感させる。平均年齢19.6歳のエネルギッシュなパフォーマンスで、日本の音楽界を盛り上げてほしい。
    https://entamega.com/28286
    「第4次韓流ブーム」到来!?


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1575612849
    【【社会】日本に第4次韓流ブームが到来か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2019/12/06(金) 15:14:09.83 ID:CAP_USER.net

     3日、韓国の男性アイドルユニット、「Stray Kids(ストレイキッズ)」が東京・代々木第一体育館でファンクラブ限定ライブを行い、来年3月に日本デビューすることを発表した。

     会場には約8000人ものファンが集まり、ステージ上の巨大スクリーンで日本デビューが発表されると、大歓声とともに会場のボルテージは最高潮に。新たな舞台へと飛び立つ彼らを祝福した。

     Stray Kidsは、韓国出身の6人とオーストラリア出身の2人から構成される8人組ユニットで、ファンからは「スキズ(SKZ)」の愛称で親しまれている。昨年から今年にかけて、韓国の音楽関連の新人賞10冠を獲得。今年9月に開催されたパシフィコ横浜国立大ホールでの日本初ライブには、4000の客席に応募が殺到し、チケットの当選倍率は10倍を超えた。高クオリティな歌やダンスと個性豊かなメンバー構成を持ち味に、今韓国でもっとも注目されている音楽グループの1つである。


     日本デビューの発表を受けて、すでにネットでも大反響が起こっている。インスタグラムのオフィシャルアカウントはフォロワーが500万人を超え、ツイッターでも「スキズ日本デビューとか…夢かと…」「死ぬほどうれしい生きててよかった」「絶対ファン増えるから今のうちライブ行っとこ」と、彼らの日本での活躍に期待する声が続出。近年落ち着きを見せていた韓流ブームだが、彼らが火付け役となり、”第4次韓流ブーム”がやってくるかもしれない。

     日本では、2003年に放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」が大流行したことをきっかけに、度々韓流ブームが起こっている。2010年には「KARA」「少女時代」「東方神起」といった音楽ユニットの楽曲が大ヒットし、第2次韓流ブームが到来。NHKの「紅白歌合戦」に出るなど、大きな盛り上がりを見せた。その後ブームは衰退を迎えるが、2017年頃に「TWICE」をはじめとするアイドルグループの流行により第3次韓流ブームが巻き起こる。それらも一段落し、現在日本での韓流ブームは”落ち着いている”といった表現が適切かもしれない。

     そんな状況の中、発表されたStray Kidsの日本進出。デビュー前にも関わらずこの人気ぶりとは、空前絶後の巨大韓流ブーム到来を予感させる。平均年齢19.6歳のエネルギッシュなパフォーマンスで、日本の音楽界を盛り上げてほしい。
    https://entamega.com/28286
    「第4次韓流ブーム」到来!?


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1575612849
    【【社会】日本に第4次韓流ブームが到来か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/10/28(月) 11:15:30.44 ID:CAP_USER.net

    (写真)
    https://dimg.donga.com/wps/NEWS/IMAGE/2019/10/28/98098691.2.jpg


    常習賭博容疑で物議を物議を醸したガールズグループS.E.S. の元メンバー、シュー(本名=ユ・スヨン/38歳)が、芸能活動を再開する。

    日本のインターネット媒体ゲットニュース(ガジェット通信?)などによれば、シューは来月27日にシングルアルバム『I found love』を発表し、日本で本格的なソロ活動を繰り広げると報道した。

    特に、この曲はNML48のあるメンバーが主演を演じる映画、『セイキマツブルー』のタイトル曲に決定している。

    シューはシングルアルバムの発表に先立ち、来月25日に東京 吉祥寺のCLUB SEATAでソロデビューライブも行う。チケット価格は9000円(約9万6000ウォン)である。

    ソース:東亞日報(韓国語)
    http://www.donga.com/news/article/all/20191028/98098702/2


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1572228930
    【【韓流】『賭博疑惑』のシューが日本で芸能活動再開・・・ソロ歌手としてデビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ガラケー記者 ★:2019/10/23(水) 15:09:22.24 ID:CAP_USER.net

    2019年10月21日、韓国・東亜日報は「電気自動車(EV)バッテリー市場でも…韓国が笑い、日本が泣いた」との見出しで、韓国のバッテリーメーカーの躍進ぶりを伝えた。

    記事によると、エネルギー市場調査会社・SNEリサーチの調査で、昨年8月の世界のEV用バッテリー使用量(出庫量)は、昨年同月より10%減の7.1GWhと集計された。月基準で減少したのは、2017年1月以降2年7カ月ぶりだという。

    上位10社のうち使用量が増加したのは5社のみで、日本や中国などグローバル市場が低迷する中で韓国メーカーはいずれも使用量が増えたという。これについて記事は「市場再編が起きていることを意味する」と伝えている。

    同期間中に、LG科学は使用量が79.9%増加。月間市場シェアも昨年の6.3%から12.6%に増加し、中国のCATL(33.5%)、日本のパナソニック(23.2%)に次いで3位だった。サムスンSDIは使用量が10%増え、シェアは4.4%で6位に上昇。SKイノベーションも使用量が8.1%増え、シェア1.85%で9位にランクインした。これにより、韓国メーカー3社の市場シェアの合計は18.8%となり、前年比7.4ポイント増えたという。

    これを受け、韓国のネット上では「全ての面で韓国が先に笑わなければならない。日本製品撲滅」「ユニクロの不買運動をするのではなく、こうやって日本に勝てばいい」「今後はバッテリー分野も韓流か?」と喜びの声が上がっている。

    一方で「バッテリーでは笑っていられても、バッテリーが入る自動車は日本が世界最強。自画自賛するより体系的な対策が必要」「10社中1社勝てば(日本より)いいの?」と指摘する声も上がり、中には「日本との競争では勝ちのニュースしか聞こえてこない。それなのに韓国経済はなぜこんなに苦しいのか」と嘆くユーザーもいた。
    Record china
    2019年10月23日(水) 11時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b753842-s0-c20-d0127.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1571810962
    【【こうやって日本に勝てばいい】EVバッテリー市場にも韓流?「韓国が笑い、日本が泣いた」と韓国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/10/23(水) 06:58:37 ID:CAP_USER.net

    (写真)
    http://image.news1.kr/system/photos/2019/10/22/3880547/article.jpg

    22日、東京都 新宿区の新大久保駅付近にある韓人(コリアン)タウンに訪れた日本市民や観光客が、韓人商店街で様々な韓流商品を見ている。

    ナルヒト(?仁)日王の即位式に参席するため、日本を訪問した李洛淵(イ・ナギョン)国務総理はこの日の即位式行事を終えた後、新大久保の韓人タウンを見学した。

    来る24日には、日本の安倍晋三首相と会って文在寅(ムン・ヂェイン)大統領の親書を伝達して、韓日関係改善のための友好的条件づくりに乗り出す。

    ソース:東京=news1(韓国語)
    http://news1.kr/photos/details/?3880547


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1571781517
    【【新大久保】日本の韓流、「嫌韓乗り越え立ち上がる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/09/29(日) 17:59:11.35 ID:CAP_USER.net

    (写真)
    http://file.mk.co.kr/meet/neds/2019/09/image_readtop_2019_775828_15696365923917663.jpg


    クラスメイトの新曲、『腹立ちまぎれに(ファッギムエ)』がついにベールを脱ぐ。

    クラスメイトは28日の午後6時頃、各種オンライン音源サイトにニューシングルの『腹立ちまぎれに』を発表してファンと会う。

    新曲の『腹立ちまぎれに』は重すぎないピアノラインと弦楽アンサンブル、そしてクラスメイト3人の声が重なった正統派のバラード曲。トレンディでありながらもお馴染みのメロディを歌にした。

    (略)

    一方、クラスメートはソンジョンとピョンミン、チェソンで構成された3人組みの男性ボーカルグループ。2017年8月に『ナウィ ピョル(私の星)』でデビューして、『キジョク(奇跡)』、『Feel Good』などを発表、音楽ファンと出会った。 (略)

    ソース:MBN(韓国語)
    http://star.mbn.co.kr/view.php?year=2019&no=775828

    13 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/09/29(日) 18:02:00.56 ID:CAP_USER.net

    >>8
    分かるません!


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1569747551
    【【韓流】あの『クラスメイト』が新曲、『腹立ちまぎれに』を発表・・・正統派バラードに挑戦!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/09/24(火) 08:22:41.01 ID:CAP_USER.net

    韓流が日本に定着して約15年。映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている。

    日本で14万部となる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』をはじめ、多様な韓国文学が続々と邦訳され、人気だ。
    その多くが30~40代女性作家たちの作品だ。

    日韓関係が冷え込んでいるときだからこそ、本を静かに読むというのも悪くない。

    韓国の女性が日常で経験する差別を淡々と描き、昨年12月に発刊された日本語版もベストセラーになった小説
    『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)。著者のチョ・ナムジュさん(41)が8月31日に来日、
    翻訳者の斎藤真理子さんと京都の同志社大学でトークイベントを行った。
    https://www.asahi.com/articles/ASM9F3CY3M9FUCFI002.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1569280961
    【【朝日新聞】 韓流が日本に定着して約15年・・・映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:鴉 ★:2019/09/17(火) 20:45:20.21 ID:CAP_USER.net

     お前も働け、と尻を叩(たた)かれたような。65~69歳の半数、70~74歳でも3割が就業中。

       ×  ×

     若い世代と大違い。70歳以上の4割が「韓国嫌い」。韓流ドラマで一服しませんか。

       ×  ×

     原油急騰。サウジの施設被弾で、暮らしが脅かされる。

       ×  ×

     きょう、日朝平壌宣言から17年。進まぬ拉致問題。首相の決意表明は何度目ですか。

    素粒子
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14182174.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1568720720
    【【朝日新聞】若い世代と大違い。70歳以上の4割が「韓国嫌い」。韓流ドラマで一服しませんか。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/06/06(木) 23:50:12.16 ID:CAP_USER.net

    第3次韓流ブーム、なぜハマる? 今までなかった新潮流


    歴史問題をめぐる確執などで冷え込みが目立つ日韓。でも、政治の世界を離れると、実は熱い現象が起きています。
    日本から韓国を訪れる月別の旅行客数は3月に過去最高を更新。後押ししているのが、「第3次韓流ブーム」です。

    世界で大人気の7人組男性グループ「BTS(防弾少年団)」などが火付け役となったこの新しいブーム。
    たどっていくと、これまで見られなかった意外な側面が見えてきます。

    「私自身、2度目のデビューです」。1月20日、東京都文京区にある東京ドームシティホール。
    約2千人の観客を前にあいさつしたのは、宮脇咲良(さくら)さん。人気アイドルグループ、HKT48のメンバーです。

    宮脇さんと同じくHKTの矢吹奈子さん、AKB48の本田仁美さんは昨秋、
    韓国の女性グループ「IZ*ONE(アイズワン)」のメンバーとしてアルバムデビューを果たしました。

    ほかに9人の韓国人からなるグループで、配信チャートでは世界10カ国で1位を獲得。
    そして、今年2月には秋元康氏プロデュースによるシングル「好きと言わせたい」で日本での「凱旋(がいせん)」デビューを果たしたのです。

    宮脇さんがあいさつしたのはその発売前イベントでのことでした。

    アイズワンは韓国のオーディション番組を通じて結成されたグループです。
    350人以上いる国内のAKBグループからも39人がオーディションに挑みました。

    厳しい競争を勝ち抜いたのがデビューを果たした3人だったのです。

    それにしても、なぜ韓国のグループに日本のアイドルが参加することになったのでしょうか。
    https://www.asahi.com/articles/ASM665GW4M66UHBI01Q.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559832612
    【【朝日新聞】 第3次韓流ブーム、なぜハマる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/06/05(水) 17:22:36.41 ID:CAP_USER.net

    (写真)
    https://japanese.joins.com/upload/images/2019/06/20190605140021-1.jpg

    ▲ 歌手ク・ハラ

    最近、自殺未遂後に療養中していた歌手ク・ハラが、退院後、日本に出国したことが分かったと「イーデイリー スターin」が5日、報じた。

    同メディアは5日、複数の芸能界関係者の言葉を引用し、ク・ハラは安定を取り戻して休息を取るために日本行きを選んだと伝えた。ある関係者は「ク・ハラが安定のためには所属事務所のケアを受けるのが良いという判断で、退院すると同時に日本に行った」と説明したという。

    ク・ハラは先月26日、ソウル江南区(カンナムグ)の自宅で意識を失っていたところをマネージャーに発見されて近くの病院に運ばれて治療を受けていた。

    ク・ハラは先月28日、日本所属事務所を通じて「ご迷惑をおかけしてとても申し訳ない」とし「いろいろなことが重なり、つらかった。今からは元気な姿を見せられるように努力する」と伝えた。

    ソース:中央日報
    https://japanese.joins.com/article/155/254155.html

    【韓国】 元KARAク・ハラさん、「極端な選択(自殺)」未遂か[05/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558845397/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559722956
    【【韓流】自殺未遂の元KARAク・ハラ、退院後は日本へ?】の続きを読む

    このページのトップヘ